サウジアラビアロイヤルカップ2017の予想記事です。

正直このレースは毎年「見送り」という判断で馬券を買ったことが無いレースですが、いちおう記事にしてみました。

逃げるのはおそらくハクサンフェローです。

デビューから3戦全て逃げています。

血統を見てみると、お父さんがシルポートです。

-----sponsored link-----

お父さんと同じように、厳しい流れを作ってくれるのではないでしょうか(願望)。

お天気ですが、東京は雨が降っています。

明日の午前中には止むそうですが、パンパンの良馬場という事にはならないはずです。

例年はスローのトップスピード比べになりやすいレースですが、今年は真逆の適性の馬を狙ってみます。

本命はシュバルツボンバーにしました。

前走は中京で緩まない流れを追走してレコードタイムで圧勝しています。

この開催の中京は時計が速かったのでレコードを評価してはいけませんが、道中緩まない流れを中団で追走した点を高く評価しました。

調教もここ2戦より良くなっていますので、本命です。

対抗:ダノンプレミアム
デビュー戦でそのシュバルツボンバーに1.2秒もの大差を付けて勝っている馬を評価しないわけにはいきません。

ただこのレースは位置取りの差・コース取りの差が大きく出て、着差程は評価出来ないです。

具体的には前残りの流れで、直線では馬場のいい所を先に取る川田騎手の好騎乗が光りました。

でも今回は内枠を引いてしまったので、再現性は薄そうです。

オッズ的な妙味も考えてシュバルツボンバーを上に取りました。

3番手:コスモインザハート
例年と真逆の適性が求められたらこの馬にもチャンスがあります。

人気もおそらく無いはずです。

前走は4コーナーまで馬場の悪い内側を走っていた点も巻き返し要素となります。

調教は前走より良くなっているのも評価しました。

ヒモ:ステルヴィオ

ここ2走を見る限り切れるタイプではなく、例年なら危険な人気馬だと思います。

しかし、今年は馬場と展開が向くと思うので押さえます。

ヒモ:ハクサンフエロ
この馬がしっかり逃げるという前提なので、いちおう印を打ちました。

能力的には厳しいと思いますが、前残りで恵まれる事を期待します。

お父さんのシルポートは濡れた路面が得意だったのも強調材料です。

押さえ:ルッジェーロ
前走は出遅れて、後ろからの競馬となります。

速い上がりを出しましたが、外を回した分だけ届きませんでした。

本来は前で競馬出来る馬なので、変わり身に期待です。

押さえ:ソイルトゥザソウル

この馬も大穴馬として面白いです。

濡れた路面適性を評価しました。

重馬場血統の塊なので明日の朝まで大雨を希望します。

無印:スワーヴエドワード
新馬戦はドスローで折り合いに苦労していました。

今回は折り合えると思います。

ただ、調教がピンと来ません。

今回は穴馬を優先したので、印が回りませんでした。

無印:ダブルシャープ
2走前はタワーオブロンドンを負かしました。

前走は最後尾から無理やり捲くって3着と強い内容です。

能力は評価しますが、東京適性と濡れた路面適性に疑問があるので無印にしました。

無印:テンクウ
2戦ともスローの上がり比べで馬券になっているため、今回は見送りました。

血統だけ見ると厳しい流れも大丈夫そうですが、濡れた路面にも若干疑問があります。

-----sponsored link-----

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】

DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

過去の予想記事一覧

競馬まとめ新着

レース結果や敗因振り返り記事

種牡馬血統講座

-----sponsored link-----