まず予想に入る前にメタボ教授の昨年の2歳G1予想を振り返ってみましょう。

 

阪神ジュベナイルフィリーズは

「フランケル×モンズーン?、そんなの阪神マイルで切れ負けするに決まっている、買うやつは馬鹿だろ(言ってない)」



という事でソウルスターリングは無印でした。

昨年の朝日杯は
「サトノアレス?、いやいや、前走はムーア様が馬場のいい所を上手く突いたから来たわけ。
四位騎手が来るわけないでしょ。」
と言って勝ち馬を無印にしていました。

 

今更何言ってんだと言われるかもしれませんが、

やっぱねえ・・・

社台系の馬に逆らっちゃ駄目なんですよ

世間では外人騎手が日本の競馬を席巻している事になっていますが、正しくは社台系の馬が席巻しているだけです

今年のG1の勝ち馬を見て下さい。

非社台系の馬で今年G1を勝っているのは、セイウンコウセイとレーヌミノルとキタサンブラックの3頭です。

あとは全て社台系(その中でもノーザンファームが圧倒的)です。

ここ1~2年のレースを見ると、社台系が更に力を増しています。

 

昨年のこのレースも掲示板をほぼ社台系で独占しました。

そこに唯一割り込んだのがレーヌミノルです。

という事で、今年は素直に社台系の馬を買います(ヽ´ω`)。

 

ところがです。

前哨戦は社台系がほぼスウィープしていて、人気所はノーザンの馬ばかりwww。

「こんなレースやりたくない」

と愚痴りながら記事を書くメタボ教授です。

いちおう明日は雨予報が出ていますが、夕方からとなっているため、パンパンの良馬場想定で予想します。

ペースは逃げ馬が2頭居ますが、どちらもガンガン飛ばすタイプではありません。

そこまで早くはならないでしょう。

本命は事前に公開した通り、ロックディスタウンです。

素質という観点で見るとこの馬となります。

生産は社台ファームですが、馬主はサンデーレーシングであり、ノーザンが調教を付けている馬です。

ノーザンは使い分けをするくらい有力馬が多いので、ローテーションに注目した場合、「ロックディスタウンの評価が飛び抜けて高い」と僕は見ました。

 

まず今回の出走馬の中で外人騎手を新馬から乗せているのがこの馬だけです。

二ノ宮厩舎がルメール騎手に依頼する事は殆ど無いので、ノーザン側が手配したのだと思います。

ちなみにルメール騎手がJRA騎手免許取得後二ノ宮厩舎の馬に乗ったのは、ロックディスタウンを除けるとたったの2鞍です。

その内の1つがディーマジェスティの新馬となります。

ノーザン側が「素質アリ」と判断しているからこそ、最初からルメール騎手と考えるのが自然です。

 

ルメール騎手は夏場北海道中心ですが、ロックディスタウンのデビュー戦は新潟でした。

ルメール騎手がエピカリスに乗るため新潟へ来た日にデビューしたのは「たまたま」ではなく、素質が高いから「ルメール騎手の予定に併せてレースを使った」のだと思います。

その新馬戦はスローの上がり比べとなりました。

新馬5枠5番

最後の直線は前が開かず苦しいレースとなりましたが、前が開いた後も追い出しを我慢する余裕がありました。

それで上がり3Fが32.5です。

2着もタイムフライヤーですから、相手が弱いわけでもありません。

内容的にはワグネリアン・ヘンリーバローズの新馬戦には遠く及ばないものの、評価が高い新馬戦となります。

ただ飛びが大きい馬なので「札幌1800はどうなのかな?」と思ったので、札幌2歳では本命にしなかったのですが、勝ちきりました。

今回は阪神外回りに変わるのが大きなプラスです。

馬群突破は大丈夫だと思いますが、大跳びなので外枠の方が安全でしょう。

加えてデータ的にも外枠が有利です(阪神1600コースデータ)。

道中は多少引っかかる馬ですが、今回距離短縮となります。

エリ女のヴィブロスみたいに先行しても、何とかなるのではないでしょうか。

 

問題は輸送となります。

調教は天栄でやっているので、どの厩舎でも問題ありませんが、輸送は厩舎の管理能力次第です。

二ノ宮調教師は「うつ病にかかっている?」など色々噂が飛び交っていますが、大丈夫でしょうか。

ちなみにお姉さんのキャットコイン(二ノ宮厩舎)は関西初遠征の桜花賞でマイナス12KGでした。

なおかつスタートで大出遅れをかましています。

そのため当日のパドックは非常に重要です。

馬体重は減り過ぎてないか?

落ち着いているか?

をチェックして下さい。

当日は評価を下げるかもしれませんが、パドックを見てない前日予想だと、この馬が本命となります。

2番手はリリーノーブルとなりました。

前走の内容を評価しての事です。

最内を突く器用な競馬が出来たので、今回の枠はいいと思います。

またレース内容も余裕を残した勝ち方です。

相手も弱くありません。

藤岡健一厩舎なのに息子を乗せてない点も素質馬の証でしょう(本当かよ)。

ノーザンの2番手はこの馬だと見ました。

3番手はソシアルクラブです。

新馬戦を勝っただけの1勝馬ですが、その内容は悪くありません。

新馬(2枠3番)

前が壁になりながらも最後は1頭違う脚で届いています。

この馬はブエナビスタの子どもです。

近親のジョワドヴィーヴルも1戦1勝のキャリアでこのレースを勝っています。

それ故、人気になっているのでしょう。

もちろん「血統で馬の素質を測るのは不可能」なので、正直アテになりません。

ただ、適性面で言うと阪神外回りに変わるのは大きなプラスだと思います。

ブエナビスタはコーナリングが苦手な馬でした。

この馬も4コーナーで騎手の言うことを聞かず、明後日の方向に走ろうとしています。

お母さんとソックリです。

調教を見る限り状態面の上積みもあります。

一見過剰人気のように見えますが、買った方がいいと判断しました。

4番手:ラッキーライラック

はい、サンデーレーシングしばりをやりたかっただけです。

配当的には切りたいのですが、アルテミスSの勝ち馬を無印にするわけにはいきません

ただそれだけの理由であり、素質という観点から見ると「どうなのかなあ?」と少し疑問に思っています。

5番手:コーディエライト

5番手もノーザンファームの馬にしました。

ダイワメジャー産駒というのがいいです。

逃げ馬なので、ロックディスタウンに早目に来られた場合は厳しいですが、いちおう買っておきます。

押さえ:人気ブログランキングで公開

ノーザンしばりでハイヒールも買おうかと思いましたが、流石に無理ゲーなので非社台系の穴馬も1頭挙げておきます。

ロックディスタウンが早目に前を潰すと想定しているので、穴は後ろから着を拾う馬だと睨んでこの馬を選びました。

 

押さえ:トーセンブレス

同じく後ろから行くであろう、この馬も買っておきます。

新馬戦は出遅れて、最後の直線もスムーズに進路変更が出来ませんでした。

それでも差し切ります。

2戦目はルメール騎手で人気となりましたが、スタートで行き脚がつきません。

ルメール騎手が慌てて押し上げたら、引っかかってしまいました。

今回はまたヨシトミ先生に戻るという事で出来れば買いたくないですが、新馬と同じ競馬をすれば3着くらいはあると思います。



無印:サヤカチャン
当初は買う予定でしたが、あれこれ買っていたら印の数が足りませんでした。

ロックディスタウンは隣のコーディエライトに付いて行き、中団から前目のポジションを取る可能性が高いので、逃げ馬は恵まれにくいと考えています。

結構穴人気していますし、逃げ馬を買うとしたらコーディエライトの方が人気が無いのでそちらを取りました。

 

無印:マウレア

ディープインパクト産駒なので怖いですが、「非社台系である」と「調教がイマイチ」という理由で買いません。

それと最近の戸崎騎手は重賞で買いにくいです。

去年はリスグラシューで2着に来ていますが、遠い昔のように感じます。

 

以上が阪神ジュベナイルフィリーズの予想でした。

ガベラSの印と香港国際競走の注目馬を
[最強]競馬ブログランキングで公開しています。(HPにある下記のバナーをクリックすれば該当箇所まで飛べます)

予想の印

◎ロックディスタウン
◯リリーノーブル
▲ソシアルクラブ
△ラッキーライラック
△コーディエライト
人気ブログランキングで公開
☓ トーセンブレス
メタボ教授の競馬本好評発売中です。

無料サンプル

アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】

DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

過去の予想記事一覧

競馬まとめ新着

レース結果や敗因振り返り記事

種牡馬血統講座

-----sponsored link-----