競馬
2016年3月6日に行われた弥生賞の振り返り記事です。

敗因振り返り

レースはシャララが逃げる所を
ケンホファヴァルトがムチを入れて無理矢理逃げました。

リオンディーズも先行したため結果的にスローにはならなかったですが、それでもラストの1Fは11.3とバテていません。

スロー想定のメタボ教授の予想が完全的中(・∀・)。



それくらい実力差があったわけです。

リオンディーズは新馬でも折り合いを欠いたように、本来は後ろで構えた方がいい馬だと思います。

しかし、皐月賞を見据えれば今回のような競馬にチャレンジするのも納得です。

皐月賞でも無印にはならないと思います。

エアスピネルは最初折り合いを欠きました。

初めての2000Mなので仕方ありません。

ただ、その後は完璧な競馬が出来ました。

それでも負けたので
現時点では力負けとなります。

マカヒキは折り合いを優先して
後ろから行きました。

予想記事で書いた通り、
コーナリングの良さが活きた形です。

皐月賞を見据えるとあまり後ろから行き過ぎるのはよくありませんが、賞金的に凡走が許されなかったので仕方ありません。

血統的に2000Mはギリギリだと思います。

皐月賞当日の馬場状態によっては無印にするはずです。

エアスピネルでも化物クラスなのに、その上にマカヒキとリオンディーズが居ます。

他にもサトノダイヤモンドやロードクエストが居るわけです。

おそらく皐月賞も穴馬の出番は無いはずなので、
今回のように絞って買うしかないでしょう。


レース結果・払い戻し

結果・払い戻しにつきましては念の為JRAのHPもご確認下さい。

競馬予想記事

競馬のレース結果、敗因振り返り記事

パチスロ記事

種牡馬血統講座

にほんブログ村競馬トラコミュ

競馬ブロガー

弥生賞(2016)

-----sponsored link-----