中山牝馬ステークス2015結果・着順
[table id=15 column_widths=”7%|7%|33%|21%|13%|12%|7%”/]

中山牝馬ステークス2015敗因振り返り

レース動画

馬場の傾向どおり外差しになりました。ただラップタイムを見る限りは道中緩まなかったので、先行勢がパッタリ止まってしまった側面もあります。
ということで先行して負けた馬は次走注目です。

自分は人気が全く無かったのでケイティバローズから買ってましたが、武士沢騎手は意図的に出遅れて無理矢理手綱を押さえて一転3コーナーから仕掛けて大外ブン回しとかなり荒い乗り方でした。やりたい事は間違ってなかったので好騎乗だとは思いますが、荒く乗った分上位3頭の能力差を逆転するまでにはいきませんでした。
せめて3コーナーから仕掛けずにバウンスシャッセが抜けるスペースを狙う形で4コーナーを回れば3着はあったと思います。



フィリーズレビュー2015結果・着順
[table id=16 column_widths=”7%|7%|33%|21%|13%|14%|7%”/]

フィリーズレビュー2015敗因振り返り

レース動画

着順結果・払い戻し金・ラップタイム・通過順位
逃げると思われたスマートグレイスが出遅れてしまったために自分の想定よりかは少しだけ遅かったです。ムーンエクスプレスはクールホタルビに乗り代わった藤田騎手に遠慮するような感じで外・外を回らされた結果3着になったように見えました。スマートプラネットは更に外を回されて4着でした。

ペルフィカはいつの間にというような見事なイン付きでした。自分は全くのノーマークでした(´・ω・`)。
一方でレオパルティナは前が塞がって何も出来ずに終了でした。
武豊騎手はムーンエクスプレスが抜けるスペースをラッフォルツァートに奪われたので、クールホタルビがウイッシュハピネスを交わした時に出来るスペースを狙う事にしましたが、2頭が同時に下がって来ました。そしてウイッシュハピネスのイン側はペルフィカに取られてしまい「万事休す」といった感じです。
というよりも武騎手はおそらくクールホタルビを過大評価した可能性も十分あります。
1400のファンタジーステークスではムーンエクスプレスにも完勝しているからです。
でもこのレースはファンタジーステークスのような上がり33秒台の競馬にはならないので再現性は薄いのですが・・・。

そんな中勝ったのは大外ぶんまわしで力でねじ伏せたミルコ・デムーロ騎乗のクイーンズリングでした。
「適性どころか経験もない阪神1400なんか使うの?」と思いましたが、パドックでマイナス20KGという事から推測するに体調面が問題だったのでしょう。
中山にはもう輸送出来ない馬体重でチューリップも仕上がり的に間に合わなかったからこそ仕方なくフィリーズレビューだったのだと思います。

ゆえに桜花賞に向けては中3週で立て直しが出来るかどうかが重要です。
それと阪神1600で最後尾から競馬をするとすれば超S級のトップスピードがないと差し切れませんが、血統的にそういう馬ではありません。過去3走全てそうだったように長くいい脚を使ってコーナーから押し上げていくような競馬をしていますので、内枠ならミルコと言えども無印にしようと思います。

中央競馬ランキングへ

競馬予想記事

競馬のレース動画や敗因振り返り記事

パチスロ人気記事

-----sponsored link-----