産経賞オールカマー

レース動画

着順結果・払い戻し金・ラップタイム・通過順位

秋山早く行けよと道中イライラしながら見ていました。
ゆっくり流れて結局は横長の展開で、4コーナーからの立ち上がり勝負となりました。
ムスカテールもアスカクリチャンも加速力はなく、内枠が逆に仇となった感じです。

サトノノブレス、クランモンタナが4コーナーの時点で手応えが怪しくなってましたし、フラガラッハが突っ込んで来るような馬場状況なのでディープインパクト産駒は来れないはずですが、ラキシスが来てしまいました。



ラキシスは母父ストームキャットなので荒れた路面でも大丈夫だったという解釈も出来ますが、前走ヴィクトリアマイルは完全ノーカウントでこの中では純粋に強いと考えてエリ女で買ったほうがいいかもしれません。
何でしたら秋天に出てきても押さえようと思います。

神戸新聞杯

レース動画

着順結果・払い戻し金・ラップタイム・通過順位

勝ったワンアンドオンリーについては菊花賞の前哨戦という意味では0点の内容です。
キズナやゴールドシップを春天で切った理由と同じで、京都の長距離戦であの競馬は通用しないからです。
今回のゲートを見ると横典騎手は意図的に後ろに下げたわけではなく、あれがワンアンドオンリーの馬なりなんだと思います。
ゆえに菊で勝つにはダービーと同じようにゲートから押して行く必要があります。

横典騎手なので1周目ホームストレートで上がっていくという斜め上を行くような騎乗をする可能性もありますが、菊での評価は大幅に下げます。
ヒモ以上の評価をすることはありません。

一方2着のサウンドオブアースは強い競馬をしました。初遠征のダービーはノーカウントでいいのでしょうか。
ある程度前で折り合えるのがこの馬の強みなので、藤岡佑介騎手でなければ菊でも押さえようかなと思います。
といった感じでこの馬は藤岡佑介騎手という理由で切ってました。

サトノアラジンは4コーナーで後ろに来られた時点でどうしようも無かったです。
本当はもうワンテンポ早く仕掛けておくべきでしたが、距離不安を感じていたらか出来るだけ追い出しを我慢したのかもしれません。
でもそんな乗り方をするから春は500万も勝ちきれなかったわけですが。

アラジンは検定も菊花賞トライアルも通らず処遇に困りましたねw。

あとレース前まではウインフルブルームが菊の本命予定で、今回は5着くらいに負けて人気を下げて欲しいと思っていたのですが、いくら何でも負けすぎです。
道中競る形で息が入らなかったとはいえ同じ位置取りだったシャンパーニュに先着を許すのは流石にまずいです。
人気が落ちればもちろん買いますが、本命は別路線組から探すかも。

もう一つ買った阪神3レースの本命シゲルエチゴは4コーナーまで持ったままだったのですが、アグネスユニコーンに邪魔されたのか突然下がっちゃいました。残念です。

これで3週目が終了。煮え切らない予想が続いていますが、それでこれだけ回収出来ているのはワイド様様であり、なおかつ運もいいと思ってます。
ホームランが1本出るまでは回収率が余裕で75%を切るはずなので(*´∀`*)。

総投資30800、回収27940

皆様の感想

end様より

トーホウジャッカル、お見事です。
指数が優れていたのでしょうか?
ワイド10倍でしたが、三連複でサウンドを拾うのも
難しく、、、
買い方って難しいですねえ、、、

メタボ教授
ありがとうございます。
サウンドは藤岡佑介騎手という時点で買いませんのでw拾えないですね。
トーホウジャッカルは指数的には全く足りていませんでしたが、先週穴を開けたタガノエトワールと一緒で戦績が少なく指数を大きく跳ね上げる可能性がありました。前走も小回りで外ブン回す展開でスペシャルウィーク産駒には苦手のはずで、阪神外回り2400なら上積みがあると思いました。
それと春勢力はワンアンドオンリーから1秒以上離された馬ばかりで指数差も当然あり、なおかつ休み明けばかりだったので、ワンアンドオンリーとの着差を詰める要因が薄かったと思います。ゆえにワンアンドオンリーと春勢力との間に上がり馬が割り込むと思いました。
だから適正がないサトノアラジンも無印には出来なかったわけです。

ただトーホウジャッカルを買った一番の理由は内枠という理由になります。
サトノアラジンがロングスパートの厳しい流れを作ってワンアンドオンリーが差し込んで来るなら穴はワンアンドオンリーの後ろから差してくる馬と考えました。

何故かと言うと馬群の外にいるとサトノアラジンやワンアンドオンリーに競り負けて走る気を失うので馬群の内から差してくる馬の方が2着3着候補としては有力だからです。ゆえに馬連をあえて買わずに着順を固定して3連単を買ったわけです。
トーセンスターダムも3着ならあると思ったわけですが、完調では無かったようです。

くればぁ様より

こんばんは。

的中おめでとうございます。
後、遅れましたがブログ開設1周年おめでとうございます。

これからGⅠシーズンに突入ですので期待しています。

トーホウジャッカル、直線で立て直さずスムーズならもっと際どかったですね。

私は単純に、内枠とディープとトニービン買っとけば当たるだろと、ワンアンドオンリー頭の3連単を買ったんですけど、サウンドが抜けました。
サウンドは上がりの持ちラップが良かったので、条件に当てはまらない馬の中では一頭だけ凄く迷ったのですが、京都新聞杯の内容から、ハギノハイブリッドには勝てないだろと単純に決めつけ切ってしまいましたが、失敗でした。

イスラボニータが正式に天皇賞参戦を表明したので、オッズ的にはワンアンドオンリーの1強になりそうですね。

教授の読みはトーホウジャッカルも勿論鋭いのですが、個人的には、オールカマーのディープ全切りの方が参考になりました。
(ラキシスは来てしまいましたがヒロシさんの本命なのでまさかでしたが、ディープ産駒はほとんどが人気以下の着順でした)なので記事を読んだ時点で、荒れる匂いがプンプン漂ってましたね。まあ、こう言っちゃ〜失礼ですが重賞で断然1番人気の馬に和田ジョッキーって時点で充分怪しかったのですが。
そういう訳で、内枠の馬や、前に行ける馬、ローカルに強いSS×NDの馬から、久しぶりにめっちゃ穴狙いの馬券ボックスで買いましたが、ラキシスを外したのでハズレました。

久しぶりに土日合わせて当たり0で散々でした。(笑)

では失礼しました。

メタボ教授
ありがとうございます(・∀・)。
ハギノハイブリッドについてはインをつきましたが、他のレースを見る限りはイン側はそれ程荒れていなかったと思っていますので、通った位置が悪かったとかではなく力負けだと分析しています。
ただ菊花賞ではああいう競馬をする馬を買いたいので難しいところです。

イスラボニータは秋天に行ってくれて本当に助かりました。
菊なら取捨選択に迷っていましたが、秋天なら穴党も白旗を揚げて買いでOKでしょう。
そして菊はワンアンドオンリーの一本かぶりになりますので、いくら宇宙人横典騎手と言えども想像の斜め上の大胆騎乗はしてこないだろうと思います。

今回のディープインパクト産駒の全切りは「新潟2200は意外とディープインパクト産駒が強い」というデータを先週・今週と何箇所かで見たという理由もありました。もちろんそのデータは開幕週や5月の新潟開催を混同したデータだったので、「血統派はディープを買うからこれは美味しい」と思った結果の全切りだったわけです。
そういう美味しさが今の新潟開催にはありますので、スプリンターズも美味しい馬券にありつける事を祈ります。
今週は的中0という事で残念でしたが、来週頑張りましょう。


メタボ教授の順位は?
にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ(おにぎり)

1日1ポチよろしくお願いします




[list cat=”134″ num=”5″]

-----sponsored link-----