競馬

京成杯

出走馬枠順・単勝予想オッズ

馬番 馬名 単勝予想 騎手
1 メートルダール 5.2 戸崎圭太
2 ウムブルフ 3.9 F.ベリー
3 ケルフロイデ 11.8 石橋脩
4 プロフェット 9.2 S.フォーリー
5 カミノライデン 125.2 西田雄一郎
6 ルネイション 31.2 大野拓弥
7 プランスシャルマン 15.5 柴山雄一
8 マイネルラフレシア 6.8 柴田大知
9 オンザロックス 67.7 三浦皇成
10 アドマイヤモラール 21.9 田辺裕信
11 アポロナイスジャブ 88.9 吉田豊
12 ユウチェンジ 7.8 蛯名正義
13 ダイチラディウス 98.6 石川裕紀人
14 ブレイブスマッシュ 21.2 横山典弘
15 ナムラシングン 13.5 内田博幸

展開・血統予想

馬場は先週と同じく
若干外が有利という印象です。

外から差す馬を本命するのが定石で
ダイチラディウスを本命にしようと思っていました。



前走は内伸びの高速馬場なので、
今回と条件が全く違います。

勝ち上がった2走前は
東京のスローでしたが、
血統的には最適条件では無いはずです。

ただ、今日の競馬を見る限り
冬の中山にしては時計が早いので
評価を若干落としました。

人気どころの中で
コーナーから動いて外から差す競馬
をした事があるのは
メートルダールです。

(葉牡丹賞:1枠2番)

この馬はもちろん買いです。

んで、こんな予想をして先週はモロ前残りでした。

今週も厳しい流れを作りそうな馬はいません

 

ハナはマイネルラフレシアかアドマイヤモラールの争いになると予想します。

マイネルラフレシアが展開を作った場合
スローが想定されます。

ただ、この馬は血統的に
加速力が無いはずです。

いくらスローでも
4コーナーの立ち上がりで
後続に捕まると思います。

という理由で思い切って消しです。

アドマイヤモラールは
父キンシャサノキセキ、
母父ニホンピロウイナー
と血統的には短距離馬です。

血統派なら当然無印と言いたい所ですが、若駒戦で時計が速い馬場なら短距離血統でも2000Mをこなす事は珍しくありません。

そもそもお姉さんのエフティマイアは
フジキセキ✕ニホンピロウイナーの配合で、
オークス2着、秋華賞5着と
結果を残しています。

アドマイヤモラールの前走はポジションを奪いに行くも
外3列目の厳しいポジションとなりました。

そしてエアスピネルに早めに潰されましたが、ソコソコ粘ります。

この馬は追うと右にヨレる癖があるので
内ラチを頼れるハナを切って欲しいのですが、田辺騎手に期待です。

という事でアドマイヤモラールは買います。

 

あと一頭買うとしたらケルフロイデとプロフィットで迷いました。

ケルフロイデの前走は
前が開かず力を出しきれていません。

石橋騎手への乗り替わりは
若干マイナスではありますが、
前走のデムーロ騎手は
最後諦めて適当に追っていますので
その分の上積みに期待です。

一方でプロフィットの前走は仕掛け遅れです。

福永騎手は京都の外回りだと内に固執する傾向があります。

ハイペースだったり、ディープ産駒ならそれがベストなのですが、スローで加速力が無いハービンジャー産駒だと一転糞騎乗となります。

その部分で上積みがあると思いますが、今回フォーリー騎手がどう乗るかは不明です。

ハービンジャー産駒は昨年勝っていますので、そこに期待している人も多いと思いますが、内枠なのにあのような競馬をしてくれるでしょうか。

(昨年の京成杯:勝ち馬ペルーフ8枠17番)

という事でケルフロイデは買い、プロフィットは消しとします。

今一番人気のウムブルフは
内枠の競馬をした経験がありません。

それなのに、この人気なら無印にします。

ユウチェンジ、ブレイブスマッシュは
特に消す理由が無いので
買いたい人はどうぞ
といった感じです。

 

という事で
ダイチラディウス
メートルダール
アドマイヤモラール
ケルフロイデ
の4頭ボックスを買います。

日経新春杯

出走馬枠順・単勝予想オッズ

馬番 馬名 単勝予想 騎手
1 レーヴミストラル 9.6 川田将雅
2 コスモロビン 102.2 国分優作
3 アドマイヤフライト 11.6 岩田康誠
4 シャドウダンサー 26.5 藤岡康太
5 ダービーフィズ 11.2 浜中俊
6 プロモントーリオ 5.1 M.デムーロ
7 シュヴァルグラン 2.1 C.ルメール
8 ダコール 33.6 小牧太
9 ベルーフ 11.2 D.マクドノー
10 サトノノブレス 10.6 武豊
11 メイショウウズシオ 89.2 秋山真一郎
12 メイショウカンパク 115.6 古川吉洋

展開・血統予想

という事で破壊王ペルーフが参戦
破壊王ペルーフ
ですが、京都の外回りは上で紹介したような仕掛けは一切通用しないコースのため無印です。

阪神大賞典か大阪杯で買おうと思います。

人気になっているシュヴァルグランですが、3連勝は全てスローの上がり比べであるものの、着差を付けて勝っているためそれなりの評価をしていいでしょう。

ただし、今回は人気馬が全て後ろから行くので、狙うは当然前残りです。

ハナに行く馬はメイショウウズシオのはずですが、流石に実力が足らないと思います。

ただ縦長の流れを作る馬なので、後ろが仕掛けをミスると残る事もあるでしょう。

人気も無いので、いちおう押さえます。

本命はアドマイヤフライトです。

休み明けですが、
昨年も札幌記念14着から
ここを使って馬券になっています。

ある程度前で競馬出来るのが強みです。

前の方に行けそうな馬で
まともな馬がこの馬しかいないので
仕方なくという側面もありますが・・・。

相手は先に挙げたメイショウウズシオの他に加速力がいいレーヴミストラルとダコールとサトノノブレスの3頭も買います。

ダービーフィズは
いかにも京都外回りは苦手そうなタイプ
なので無印です。

シュヴァルグラン、プロモントーリオは買ってもいいのですが、点数が多くなりすぎるので泣く泣く見送りました。


競馬予想記事

競馬のレース動画や敗因振り返り記事

パチスロ記事

種牡馬血統講座

他の競馬ブロガー様の予想もどうぞ

にほんブログ村トラコミュ
日経新春杯(2015)京成杯2016

JRA競馬予想

-----sponsored link-----