競馬
第23回函館スプリントステークスを予想します

出走馬枠順・単勝予想オッズ

馬番 馬名 単勝予想 騎手
1 レッツゴードンキ 5.8 吉田隼人
2 ヤマニンプチガトー 93 村田一誠
3 シュウジ 5.2 岩田康誠
4 オデュッセウス 8.1 戸崎圭太
5 エポワス 34.5 杉原誠人
6 セイコーライコウ 69.6 柴田善臣
7 オメガヴェンデッタ 8.9 武豊
8 ティソーナ 18.6 柴山雄一
9 アクティブミノル 7.8 藤岡康太
10 スカイキューティー 133.1 勝浦正樹
11 キャンディバローズ 19.5 菱田裕二
12 ティーハーフ 7.1 池添謙一
13 アースソニック 65.8 三浦皇成
14 ローレルベローチェ 6.2 中井裕二
15 ファントムロード 82.8 藤岡佑介
16 ソルヴェイグ 35.2 丸田恭介

展開・血統予想

函館開幕週だけに前へ行く馬が有利な馬場ですが、
オーバーペースになる事もよくあります。

今日のメインも差し決着でしたし、
過去の函館スプリントを見ても差し決着が多いです。

今回のメンバーを見渡す限り
逃げ候補はスカイキューティとローレルヴェローチェとなります。

ローベルベローチェは高松宮記念の予想記事でも話しましたが、逃げないと絶対に駄目な馬です。



中井騎手は理解しているため、このレースも全力で逃げました。

高松宮記念2016(7枠15番)

今回も外枠を引いてしまったので、
逃げるのに苦労するかもしれませんが、
行くだけ行くでしょう。

他の馬の絡み具合にもよりますが、
逃げ・先行馬はローベルベローチェだけ押えておけばいいと思います。

そこで差し馬を物色するわけですが、
レッツゴードンキは最悪の枠を引いてしまいました。

ここ数走は岩田騎手のクソ騎乗で負けていただけで、ようやく乗り代わってくれたのですが、今回も内でどん詰まりする未来しか見えません。

先行すれば問題無いのですが、
近2走は無理やり控えてしまったので、
ゲートからのダッシュ力が鈍っている可能性があります。

それにこの馬はポジションを取りに行くタイプではなく、抑えきれず逃げる馬なのでもう少し外の枠が欲しかったです。

今回騎手が変わって
ポジションを取りに行く競馬を
試すかもしれませんが、
人気になっているので
今回は対抗評価とします。

本命はオメガヴェンデッタにします。

この馬は加速力比べになると弱く、
ある程度流れてくれた方がいい馬です。

1200の実績もありまして、
函館の条件戦で1着(重馬場)と
キーンランドカップの4着があります。

キーンランドカップ(6枠12番)

ウキヨノカゼにあっという間に交わされたものの、粘って4着というレースです。

お母さんがビハインドザマスクという事で溜めれば切れそうですが、現状はある程度引っ張る馬に付いて行った方が好走しています。

今回はローレルベローチェが引っ張るので、パフォーマンスを上げるはずです。

シュウジは折り合いに苦労している馬なので、1200に変わるのはプラスでしょう。

血統的にも1200Mは大丈夫そうです。

ただ、全く乗れてない岩田騎手なので、何かやらかすと見て無印にします。

買いたい人は買っていいと思いますが、
人気していますので美味しくありません。

一方オデュッセウスは血統的には1200M向きの馬ではありません。

2歳時の北海道で結果を残していますが、ここでは無印とします。

3歳馬で買うのはティソーナです。

前回は全く競馬をしてないので、ノーカウント扱いとなります。
NHKマイル2016(3枠6番)

お父さんがダイワメジャーで洋芝の1200Mは悪くありませんし、お婆さんは1200Mで強い競馬をしたレディブロンドです。

ただこの馬に1200Mの経験が無いのは流石にマイナスです。

その分だけ評価を下げましたが、人気は無いので期待します。

それと昨年の覇者であるティハーフも押さえます。

買い目

軸馬オメガヴェンデッタ
相手
レッツゴードンキ
ローレルベローチェ
ティソーナ
ティハーフ
馬連4点、3連複6点

ワイド
オメガヴェンデッタ=ティソーナ
1点

ユニコーンステークス予想


重賞予想記事一覧

レース結果や敗因振り返り記事

パチスロ記事

種牡馬血統講座

他の競馬ブロガー様の予想もどうぞ

にほんブログ村トラコミュ
函館スプリントS2016

JRA競馬予想

-----sponsored link-----