フェブラリーステークス2015
レース動画

着順結果・払い戻し金・ラップタイム・通過順位

予想は公開してませんが、「コパノリッキーが馬群に包まれて飛ぶ」事を想定をしていて本命はコーリンベリーでした(・へ・)。
大出遅れをかまして、最後の直線も前が詰まって追えずと最低の騎乗です。
コーリンベリーがハナを切っていればアドマイヤロイヤルが横に並んでコパノリッキーは馬群に包まれる形となったので、返す返す残念です。

コパノリッキーはゲートからのダッシュが自分の想定以上に遅かったです。
実際にコパノリッキーを被せに行ったのがアドマイヤロイヤルの横典騎手だけだったのでベストポジションが取れました。
武豊騎手を乗せるというのはこういうメリットもあると思います。

ローマンレジェンド

ゲートから岩田騎手が押して出て行って先行しようとしていましたが、全くスピードが足りませんでした。
その後に引っかかって折り合いがつかず、ほぼ最後方になるというチグハグな競馬をしました。
あれがなくて2列目か3列目にいれば結果も違っていたと思います。



次走距離延長なら折り合いが難しくなるはずですので、岩田騎手は今回以上に腕の見せどころとなります。

ワイドバッハ

3コーナーから4コーナーにかけてシルクフォーチュンがまくって来たため、その更に外を回す結果となりました。
それだけならまだよかったのですが、同じく捲ってきたカゼノコに前を塞がれて立て直しにかかったロスが致命傷になったと言えます。

馬なりであの位置が取れたのでワイドバッハの頭まであったはずですが、蛯名騎手は後ろからの捲くりを警戒してなかったように思います。

着差を考えれば両方共に悲観する内容ではないです。
「絶対に来ない」と言い切ったグレープブランデや「おそらく要らない」ような書き方をしたインカンテーションが好走するという恥ずかしい予想記事を書いたメタボ教授は悲観すべきだとは思いますがm(__)m。

個人的にはフェブラリーステークスよりも「中距離界の逃げ馬全員集合」の小倉大賞典の方が興味がありました。
これだけの逃げ馬が集まると流石に内枠の差し馬が有利な展開となります。
その中で前で押し切ったカレンブラックヒルを高く評価します。
ただ次の買い時が難しいです。
距離は2000だと長すぎて1600だとハナは切れないです。
そしてG1だと少し力が足りません。

中央競馬ランキングへ

競馬予想記事

競馬のレース動画や敗因振り返り記事

パチスロ人気記事

-----sponsored link-----