チャンピオンズカップ2016の振り返り記事です。

敗因振り返り

パドック見ると僕が印を打った馬がみんな太い(´・ω・`)メタボ教授に対するイヤミか?

冬場で絞りにくいとは言え、G1なんだからもっとちゃんと作ってこいよと思います。

このレースはフェブラリーSや東京大賞典への叩き台なのでしょうか。

結局きっちり絞ってきたアスカノロマンが3着です。



 

レースは一言で表すと「田辺(# ゚Д゚)ふざけんな」。

バックストレートでコパノリッキーを潰しにかかります。

アウォーディーと同じ馬主なのもあったと思いますし、コパノリッキーを降ろされた恨みがあったのかもしれません。

ペースを釣り上げるだけではなく、4コーナーでズルズル下がってコパノリッキーの蓋をします。

コパノリッキーが外に出した頃には後続に飲み込まれて終了です。

先週のJCは田辺だけのミスでは無いですが、2週連続メタボ教授の馬券をぶっ壊されました。

人気馬に乗っているなら兎も角、勝負にならない馬で特定の馬を有利・不利になるような騎乗をしてしまうと・・・。

ああいう騎乗が駄目だとは言いませんが、他の陣営も思うことがあるでしょう。

Dr.コパもかなり怒っているはずなので、風水の力を使って田辺を酷い目に合わせて欲しいです。

勝ったサウンドトゥルーは離れた最後尾に居ました。

加えて4コーナーで内が開いたので、去年のノンコノユメみたいに恵まれたと思います。

レースの流れはオーバーペースで、離れた後ろに居たサウンドトゥルーとカフジプリンスだけが正解のペースでした。

そのため距離損が無い
内を回した馬が有利だと言えます。

アウォーディーは2コーナーまで内に居ましたが、3コーナーから外に出しているので一番強い競馬をしました。

ただ、田辺騎手がそのままのポジションで競馬をすればアウォーディーはモーニンやゴールドドリームの内で閉じ込められたままだったはずです。

そういう意味でも田辺騎手のあの動きはとても大きかったと思います。

モーニンについてはパドックで相当イレ込んでいたので初の遠距離輸送が良くなかったのかもしれません。

戸崎騎手は上手く乗っていたと思いますが、外々を回された事もあり、最後は力尽きました。

ゴールドドリームもデムーロ騎手は上手く乗ったと思いますが、外々を回ってガソリンが切れたためか、最後は伸びませんでした。

 

穴として推していたメイショウスミトモは太かったのとスタートで内に潜り込んだ事です。

結果的には内有利だったとは言え、厩舎は「4コーナーで外に出して欲しいと」コメントするくらい内が苦手な馬なので、どうしてあんな騎乗になったか疑問が残ります。



レース結果・払い戻し

着順 馬番 馬名 騎手
1 8 サウンドトゥルー 大野拓弥
2 2 マル外アウォーディー 武豊
3 4 アスカノロマン 和田竜二
4 1 カフジテイク 津村明秀
5 14 マル外アポロケンタッキー 松若風馬
6 9 ノンコノユメ R.ムーア
7 15 マル外モーニン 戸崎圭太
8 5 ロワジャルダン 横山典弘
9 7 マル外ラニ 内田博幸
10 6 モンドクラッセ 丸山元気
11 10 メイショウスミトモ 古川吉洋
12 12 ゴールドドリーム M.デムーロ
13 11 コパノリッキー C.ルメール
14 13 ブライトアイディア 幸英明
15 3 ブライトライン 田辺裕信

 

馬券 番号 金額 人気
単勝 8 1,590円 6番人気
複勝 8 250円 5番人気
2 130円 1番人気
4 650円 10番人気
ワイド 2-8 490円 4番人気
4-8 3,420円 37番人気
2-4 1,530円 19番人気
枠連 2-5 520円 1番人気
馬連 2-8 1,390円 5番人気
馬単 8-2 4,800円 19番人気
3連複 2-4-8 11,180円 39番人気
3連単 8-2-4 85,980円 256番人気

結果・払い戻しにつきましては念の為JRAのHPもご確認下さい。

重賞予想記事一覧

レース結果や敗因振り返り記事

パチスロ記事

種牡馬血統講座

ブログランキングサイト

人気ブログランキング

競馬ブロガー

-----sponsored link-----