今回は馬の顔に付ける「ブリンカー」・「チークピーシーズ」・「パシュファイヤー」などの違いについて解説します。

目次

ブリンカー

遮眼帯とも呼ばれて、後ろの視界を遮るために付けます。

後ろから追いかけてくる馬を意識し過ぎて、レースに集中しない馬が居るからです。

このように片側だけ付けるケースもあります。
片側ブリンカー



左側がブリンカーが付いている状態で、右側が付いてない状態です。

尚、ブリンカーをレース中に使うにはJRAに届けなければいけません。

これは、JRAの公式発表で「今回はブリンカーを付けますよ」という事をファンに告知するためです。

ブリンカーを付けて突然勝つ馬も居ますし、逆に全く走らないケースもあります。

それくらい効果が大きいので、ブリンカーの脱着はファンに公開しているのが現状です。

ただブリンカーの大きさはパドックを見ないと解りません。

一目見ただけでは気がつかない浅いブリンカーもあれば、
ゴールドシップのブリンカー

ほぼ目を覆ってしまうブリンカーもあります。
ブリンカー

チークピーシーズ

効果はブリンカーと全く同じです。

目の後方を遮ります。

チークピーシーズ

コチラの方がブリンカーよりも遮る範囲が狭いです。

ブリンカーを怖がって効果が出ない馬や、メンコ(覆面)装着を嫌がる馬に使います。

ちなみにメンコを装着する目的は「耳を隠して音に反応しないようにする」ためです。

メンコを付けて駄目な馬のためにチークピーシーズがあるわけですが、ブリンカー+耳出しメンコという組み合わせも存在します。

「チークピーシーズ」と「ブリンカー+耳出しメンコ」の違いは殆ど無いはずですが、チークピーシーズはJRAに届けなくても構いません。

個人的にはチークピーシーズの脱着も公開して欲しいと思います。

パシュファイヤー

パシュファイヤーもブリンカーと似たような馬具です。

パシュファイヤー

しかし、付ける目的は異なります。

パシュファイヤー装着は視界を遮る事が目的ではなく、砂や土の塊が目に直撃するのを防ぐのが目的です。

そのため芝の良馬場だとほぼ意味がありません。


シャドーロール

シャドーロールは馬のハナに付ける馬具です。

シャドーロール

これにより前方下の視界を塞ぎます。

「競走馬の影を見て怯えるのを防ぐ効用がある」という説が一般的です。

他にも「馬が見えない部分を見ようと首を下げるので、フォーム矯正効果になる」という説もあります。

シャドーロール装着で有名なのはナリタブライアンです。

ただ、シャドーロールの効果に疑問を持っている調教師は多く居ます。

実際シャドーロールを使う馬はあまり見かけません。

近年、シャドーロールを付けて大きいレースを勝った馬はアパパネやスノードラゴンなど居るにはいますが、これから先はどうなるでしょうか。

その他馬具

シャドーロールの逆の効果があるのが、ブローバンドです。

上方の視界を遮ります。

ブローバンド

何のために付けているかは私も知りません(・∀・)。

飛んでいる鳥とかを気にする馬が居るでしょうか。

甲子園球場では鳥が魚を上から落として猛獣バレンティンが怯える事件がありました。

スポーツにおいて、上空対策は必要かもしれません(適当)。

あとリップネットという馬具もあります。

リップネット

意識を前に集中させる効果があるそうです。

ただし、レース中の装着は認められません。

馬よりも馬具がゴールへ先に到達するので、公平な写真判定が出来ないからです。

今回は馬の顔に付ける馬具を紹介しました。




競馬用語解説一覧

当ブログの管理人がメインレースを予想&回顧
競馬予想記事

レース結果や敗因振り返り記事

種牡馬血統記事一覧

パチスロ記事

-----sponsored link-----