ドスローで3Fの上がり比べでした。
道中が緩みに緩んで勝ちタイムが例年より3秒以上遅かったわけです。

レース動画

着順結果・払い戻し金・ラップタイム・通過順位

池添何やっているんだ

まずは自分の本命のサトノノブレスから。
中団から4コーナーで無理矢理捲った金鯱賞の乗り方をしていれば良かったのに、後方からの競馬を選択した時点で(ノ∀`)アチャーでした。
例年より3秒もペースが遅かったにも関わらず残り1000Mの時点でもまだ手綱をまだ引っ張っていました。勝負する気はあったのでしょうか。
折り合いのためい後ろから行くのは構いませんが、緩みに緩んだ1コーナー~バックストレートでポジションを上げておくべきでした。
暮れの中山で上がり3F33秒6(出走馬中2番手)を出しておきながら0.6秒も離された12着ですから完全な騎乗ミスです。コーナリング(旋回性能)が持ち味なのにあんな大外ブン回す位置取りを走ってしたら持ち味が生きません。
ゆえに先行すべきだったのですが、騎手や陣営が間違った判断をしてしまったので仕方ありません。

ジャスタウェイ
この馬も同様に位置取りが後ろ過ぎたのが敗因です。この馬は旋回性能が未知数なので後方から大外ブン回してトップスピードを乗せるという乗り方は良かったのですが、レースペースが3秒遅かったため後ろから行った馬はノーチャンスでした。



ワンアンドオンリー
逆に好位も取れず馬群の内で何も出来ず力を出せなかったのがワンアンドオンリーです。
ジェンティルドンナの後ろを取ったのですが、ジェンティルドンナ自体が無理矢理押さえて蓋をされた結果位置取りが悪くなり過ぎました。
ラストインパクトのように加速力があるならあの位置取りでも勝負になりますが、ワンアンドオンリーあとトーセンラーあたりは勝負どころで加速が出来ずに負けました。

ジェンティルドンナ
は無理矢理押さえてヴィルシーナ⇒エピファネイアの3列目からの競馬でした。この馬の勝因は前目で競馬した事と、内枠だったにも関わらず4コーナー侵入の時点で内から3頭目のポジションを取れて加速出来た事です。

一方エピファネイアは抜群のコーナリング性能で4コーナーでは突き放しましたが、そこからの加速とトップスピードは他に劣ってしまったために負けました。
川田騎手は残り300~400になってようやく追ってますが、それだと遅いわけです。
ただこの馬はコーナーで追った経験がないので、コーナー部分で追うと明後日の方向に行く可能性があるので追えなかったのだと思います。

ゴールドシップは一番早く仕掛けましたが、例年と同じ地点から仕掛けたのでは今年は遅いです。捲りは前の馬が垂れる事によって内の馬を蓋をする事により効力を発揮しますが、エピファ、ジェンティル、ラキシスと強い馬が1列目に並んでいたためにあのマクリ方では駄目です。
もっと早めに動いて奇襲をかける形で先頭に躍り出ていればゴールドシップにも勝機はあったはずです。結局ゴールドシップのマクリが不発となり、ジェンティルドンナが通ったスペースを突いたトゥザワールドが2着に来てしまいました。
トゥザワールドは自信の切りだったのにすみませんですm( _  _ )m。

コーナーでガンガン追ってトップスピードに乗せる競馬で結果を残しているのが、ゴールドシップとサトノノブレスだけだったので、この2頭が本線でしたが、結局はコーナリング能力よりかは位置取りが重要な競馬でした。

阪神カップ

こちらも外してしまいました。
まさかハクサンムーンが簡単にハナを取るとは思いませんでしたが、レースは自分の目論見通り逃げ馬は自分のペースを見失って差し馬有利の流れになりました。
それでも馬券を外したのは大穴狙いに走ってアドマイヤサガスを買ってしまったのとサンカルロの凡走を反省したいです。サンカルロに向いた流れのはずですが、流石にもう歳なのでしょうか。

まあいずれにせよコパノリチャードが買えませんでした。
武豊騎手が上手く乗ったと思います。

総投資104400円、回収125890円

競馬予想記事

競馬のレース動画や敗因振り返り記事

パチスロ人気記事

-----sponsored link-----