予想前にお知らせです。
新たに[最強]競馬ブログランキングに参加しました。

簡単に言えば人気ブログランキングと一緒です。
ブログを継続していくために必要なアクセス源となりますので、プッシュのご協力をお願い申し上げます。

また、[最強]競馬ブログランキングでは参加ブロガーの印がまとめられています。
暇つぶしにご覧下さい。

出走馬枠順・単勝予想オッズ


他券種の最新オッズ

展開・血統予想

明日の中京の天気予報は曇りで降水確率は40%となっています。
雨は降らないという前提で予想しますので違っていたらご了承下さい。

-----sponsored link-----

例年だと内を回そうが外を回そうが差の無い馬場状態となります。

どのラインでもOKの場合、内をキープしようとする馬も少なく、馬群が横長になりやすいです。

馬群が横長の競馬は前の馬と後ろの馬との距離が詰まるので、差しが届きやすい傾向があります。

近年の中京記念で追い込み馬がよく馬券に絡んでいるのはそういう理由です。

今回逃げるのはおそらくウインガニオンでしょう。

この馬はゲートがあまり速くなく、ゲートから騎手が手綱を押して出ていくタイプです。

ハナに立つとその後はペースを落とすことも出来ます。

前走のように後ろが全く競りかけなければ、ペースを落として速い上がりを使うことも可能です。

しかし、今回はトウショウピストがどう絡んで来るかがポイントになります。

トウショウピストは前走距離延長だったものの、積極的な競馬をして結果を残しました。

今回も距離延長ですが、強気に先行争いに絡んで来る可能性が高いです。

他にも先行力がある馬が何頭か居ます。

キャピタルSのようにウインガニオンがハナを取りきるのに時間がかかれば、相対的に緩む区間が少なくなり、厳しい流れとなるはずです。

そうなると話は簡単で、そのキャピタルSで強い勝ち方をしたブラックムーンを本命にすればいいでしょう。

ブラックムーンの前走は圧巻でした。

高速馬場の阪神なのでレコードタイムや上がり32.4という数字はそこまで評価していませんが、上がり2位よりも0.5秒速いというのは素直に評価しないといけません。

この馬は最後尾で脚を溜める馬なので物理的に届かない位置で4コーナーを迎えて負ける事もありますが、中京記念はそういったレースになりにくいです。

調教のパターンを若干変えているだけに、レコードタイムの反動と夏の状態面が心配ですが、パドックで余程悪く見せない限りは本命でいいと思います。

対抗◯:マイネルアウラート

前走はゴール手前でシュタルケ騎手に寄られて回避した分だけ馬券圏内に届きませんでした。

2走前は超ドスローの上がり比べなので参考外。

昨年の中京記念は最後の直線で大きな不利があったのでこちらも参考外。

相手関係と着差を見る限り実績的には1番手の馬ですが、どうしてこんなに人気が無いのでしょうか。

おそらく調教が嫌われたのだと思います。

休み明けは人気よりも上の着順を取っているのでデータ的には走るのですが、今回の調教は確かにピリッとしないです。

まあそれでもこの人気は無いと思いますし、今回は「調教が絶好調」みたいな馬が見当たりません。

3番手▲:スーザンジョイ

普段はダートを使っている馬です。

芝は3歳春の未勝利戦を1回だけ使って、1600Mの稍重で2着でした。

血統的に芝替わりはアリだと思います。

週の頭にはこの馬を本命にしようと考えていて、データを再チェックするついでにエンパイアメーカー産駒の記事を書きました。

しかし、中京のデータを改めて見てみると母父であるダンスインザダークの血はあまりよろしくありません(昨年はダンス産駒のケントオーが3着でしたが)。

人気が全くないので、本命にしたくなりますが3番手に自粛します。

ヒモ評価△:グァンチャーレ
休み明けは走らない馬なので前走は参考外です。

そして非遠征時は成績が安定しています。

ゆえにここでも馬券圏内に入る確率は高いと思いますが、問題は外枠です。

この馬は折り合いが悪く、前に馬を置かないと折り合えません。

シンザン記念では外枠で折り合って勝っていますが、最近は悪化しています。

5走前の長岡京Sでは外枠から内に潜り込んで勝っているので、少なくとも古川騎手は「前に壁が必要」考えているはずです。

そこに不安があるので、ヒモ評価に留めておきます。

ヒモ評価△:アスカビレン
夏だ牝馬だー
という安易な予想です。

実際に夏のパフォーマンスが高いので、ここでも狙いたいと思います。

1回だけ夏場の中京で走って惨敗していますが(2年前の有松特別)、最後の直線で不利があったので参考外です。

押さえ評価☓:ピンポン
追い込み馬を物色するとこの馬もアリだと思います。

芝に戻っての3走は横ポツン、後ろポツン、後ろポツンという内容ですが、後ろポツンの2走はそれなりの脚を使えました。

前走はブラックムーンに完敗でしたが、今回は斤量が3KG減ります。

1KG=1馬身なら理論上ブラックムーンを逆転出来ますが、現実的には厳しいはずです。

それでも3着くらいならあると思って印を打ちました。

押さえ評価☓:グランシルク

遠征実績が無く、福永騎手が乗った時には結果が出てないので、過剰人気のような気がします。

夏のハンデ重賞で人気サイドを買っても仕方ないので無印でも良かったのですが、買いたい馬が他に居ないのでいちおう押さえ評価には挙げておきます。

-----sponsored link-----

以下、主な無印馬の解説です

ウインガニオン
今回は他の馬に絡まれてキャピタルSのような流れを想定していますので、無印にしました。

それ以外に切る理由は特に無いので、スローを想定している人は押えてどうぞ。

ダノンリバティ
昨年は直線の立ち上がりで少し不利を受けた分だけ馬券圏内に届かなかった感じです。

この馬は加速力が無く、長い直線の方がいい馬なのですが、松若騎手が乗った時には積極策を取っています。

今回も積極策を取ると思いますが、枠順が悪いです。

外にトウショウピストやマイネルアウラートといったゲートダッシュ力が高い馬が居ます。

外から被されると位置取りが悪くなるはずです。

思ったより人気になっていますので、見送りました。

ケントオー
昨年の3着馬ですが、今回は休み明けです。

1週前追い切りに太宰騎手を乗せてやりすぎた感が満載で、状態に疑問が残ります。

去年と同じパフォーマンスを出しても今年はキツイと考えていますので、無印です。

ピークトラム
昨年の2着馬です。

血統だけ見れば中京1600Mを走りますし、ここ1年は力を出し切ってないレースも数多くあります。

ゆえにある程度人気しているのだと思いますが、昨年のパフォーマンスを出しても今年は足りないと見ていますので無印です。

ワンアンドオンリー
東スポによると横典騎手が調教師に「この馬はまだ走る、マイルを使いましょう」と20分もかけて説得したそうです。

この馬は母父タイキシャトルですし、ダービーまではマイラーでも走れます(2着もマイラーのイスラボニータでした)。

今春は長距離を走ってスタミナ不足を露呈しましたし、距離短縮はプラスになるはずです。

しかし、前走の内容が悪すぎます。

後ろポツンで最後の直線だけ本気を出しただけのレースです。

こんな競馬をした後でマイルのペースに対応出来るのでしょうか。

追い込み馬が来るレースなので押さえてもいいですが、人気になっていますので買いたくありません。

函館2歳Sの注目馬を人気ブログランキングに書いてあります。

予想の印

◎ブラックムーン
◯マイネルアウラート
▲スーザンジョイ
△グァンチャーレ
△アスカビレン
☓ピンポン
☓グランシルク

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[ メタボ教授 ]

DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

「立ち読み」ボタンをクリックすれば無料サンプルが読めます

過去の予想記事一覧

競馬まとめ新着

レース結果や敗因振り返り記事

パチスロ記事

種牡馬血統講座

他の競馬ブロガー様の予想もどうぞ

人気ブログランキング(中央競馬)

JRA競馬予想

-----sponsored link-----