今回は単勝についてオサライします。

単勝は「1着の馬を当てる」というシンプルな馬券です。

単勝の過去最大配当

2014年の4月26日の8レースで勝った「リバティーホール」の569.4倍となります。

リバティーホールは中央だと0.9差でゴールしたのが最高で、惨敗続きでした。

このレースは休み明けだったのですが、ガラリ一変したようです。

-----sponsored link-----

その後も上のクラスで掲示板に何回か入っているためフロッグではありませんでした。

G1で過去最高の単勝万馬券というのは
1989年エリザベス女王杯(現:秋華賞)のサンドピアリスです。

430.6倍となります。

当時のインパクトは相当なもので、
「2度ある事は3度ある」
ということわざを
「2度ある事はサンドピアレス」
と今でも言う競馬ファンが存在します。

自分は滅多に単勝を買いませんが、過去3回単勝万馬券を取った事があります。

その中でも一番印象に残っているのはトシギャングスターの未勝利戦です(3枠6番)。

G1級の末脚ですが、結局G1タイトルには手が届きませんでした(ファルコンSで2着、ダート1600万クラス勝利まで)。

-----sponsored link-----

単勝万馬券って儲かるの?

はっきり言って儲かりません。

何も考えず単勝100倍の馬を買った場合、的中率は概ね0.3%~0.5%です。

つまり200回に一回とか300回に一回しか出現しません。

回収率も40%~60%とかなり低い数値が出ています。

そのため、初心者は単勝万馬券の馬を買うのをヤメておきましょう。
競馬用語解説一覧

当ブログの管理人がメインレースを予想&回顧
競馬予想記事

レース結果や敗因振り返り記事

種牡馬血統記事一覧

パチスロ記事

-----sponsored link-----