第21回 秋華賞の予想記事です。

出走馬枠順・単勝予想オッズ

馬番 馬名 単勝予想 騎手
1 エンジェルフェイス 35.2 浜中俊
2 ジュエラー 3.8 M.デムーロ
3 パールコード 21.5 川田将雅
4 パーシーズベスト 19.2 C.ルメール
5 レッドアヴァンセ 13.5 武豊
6 ゲッカコウ 128.2 和田竜二
7 ヴィブロス 9.1 福永祐一
8 デンコウアンジュ 18.2 内田博幸
9 クロコスミア 23.1 岩田康誠
10 ビッシュ 2.9 戸崎圭太
11 フロンテアクイーン 22.6 蛯名正義
12 ウインファビラス 89.2 松岡正海
13 ワンダーピルエット 195.2 小牧太
14 ミエノサクシード 15.2 川島信二
15 カイザーバル 18.9 四位洋文
16 ダイワドレッサー 38.4 川須栄彦
17 ネオヴェルザンディ 111.3 松山弘平
18 キンショーユキヒメ 81.9 松若風馬

他券種の最新オッズ

展開・血統予想

シンハライトに◎打って適当に流しておけば当たるレースでしたが、まさかの回避となります。

一気に難しくなりました。

明日は雨が降るという予報なのですが、遅い時間との事なのでパンパンの良馬場想定で予想します。

-----sponsored link-----

 

本命はヴィブロスとしました。

もちろん前走の内容を評価しての事です。
(紫苑S:5枠9番)

レース動画では分かりにくいですが、パトロールを見ると3コーナーで大きな不利を受けています。

前を走るウインファビラスが突然大減速して、ヴィブロスは立ち上まるくらいのブレーキをかけました。

その結果ビッシュとの差が大きく開いてしまいます。

着差だけを見れば完敗ですが、内容的には互角のはず。

枠も悪くありませんし、問題は福永騎手がちゃんと乗れるかどうかだけです。

頭は無いかもしれませんが、人気を考えればこの馬を本命にする事にしました。

対抗はビッシュとします。

前走は文句なしの内容でした。

ただ気難しい馬で、今回初の長距離輸送です。

そのため少し評価を下げました。

この馬は前走も前々走も早めに仕掛けで馬券になっています。

そのため前に行く馬には厳しく、後ろから行く馬に有利です。

ヒモも差し馬中心でいいと思います。

人気のジュエラーは思い切って消してみました。

前走はミルコが最後まで追ってないので着差は気にしなくても大丈夫です。
ローズS (4枠6番)

この敗因が問題なのですが、
僕は先行させた事によるスタミナ切れだと見ています。

シンハライトとジュエラーとでは
「血統的にジュエラーの方が雨適性が高い」
と思ったので、
このレースではジュエラーを本命にしました。

一方で、陣営はこのように回顧しています。

netkeiba様より引用

◎前々のレースをしていましたが?
レース前にジョッキーと話して秋華賞は京都の内回りで後ろからだと届かないから、それを意識してのレースになりました。結果的に最後の伸びがありませんでしたが、スタートが良くいい位置に付けてのレースができました。

◎ローズステークスはどうでしたか?
残念でした。11着でしたが馬場も合わなかったですし久々の競馬でしたから。しかし、桜花賞よりスタートも出たし、いい位置でレースができて緩い馬場で直線で瞬発力は発揮できませんでしたが、ある程度満足できるレースでした。今はいい状態です。

◎京都の内回りコースはどうでしょう?
枠順が大事ですね。ペースも考えなくてはなりません。前回のレースがいい経験になって今回のレースのイメージはできています。枠順は内がいいですね。それである程度前へ行ければ。

陣営は前走の敗因は雨であり、「今回の内枠は願ったりかなったり」だと言っているわけです。

さてどちらが正しいでしょうか(・∀・)。

ジュエラーは馬群突破経験がほぼ無い馬なので、内先行の競馬は若干の不安があります。

更にビッシュが早仕掛けした場合は内にスペースが出来にくくなります。

前が詰まってどこにも居ない可能性は十分でしょう。

素直に桜花賞までの差し競馬に戻せば普通に馬券圏内だと思いますが、陣営がこう言っている以上は無印です。

3番手はミエノサクシードにしました。

前走は牝馬限定のほぼ3歳馬相手とは言え、圧勝です。

夕月特別(8枠11番)

見ても解るように、この馬はラチを頼る癖があり、真っ直ぐ走れません。

小倉で2000Mを使った時もラチ沿いを走って前が詰まった結果です。

ヴィブロス、ビッシュと併せ馬に持ち込めるかがポイントになると思います。

そういう意味で外枠はプラスです。

4番目はエンジェルフェイスにしました。

ここ2走は厳しい流れを2番手で追走して最後に垂れています。

とは言え、オークスは先行馬の中でただ1頭最後まで抵抗していました。

紫苑Sは外枠で折り合いを欠き、
更に捲りが来る厳しい競馬となります。

4コーナーでレースを諦めていますので、着差は気にしなくてもいいです。

血統的には同配合にレディアルバローザが居ます。

戦績的には晩成型で
秋華賞は15番人気で5着でした。

馬場が内先行有利なので、人気を考えれば本命を打ちたい馬ですが、前走同様にビッシュが早めに来るはずなので流れが向かないと思います。

もしビッシュがやらかして前が残る流れだと
この馬が面白いので、少しだけ抑えました。

5番手はデンコウアンジュです。

前走は大雨予報だったので
積極的に推しましたが、
今回は真逆の馬場に変わります。

ただ、ビッシュが厳しい流れを作れば
この馬にもチャンスがあると思います。

-----sponsored link-----

予想の印

◎ヴィブロス
◯ビッシュ
▲ミエノサクシード
△エンジェルフェイス
☓デンコウアンジュ

重賞予想記事一覧

レース結果や敗因振り返り記事

パチスロ記事

種牡馬血統講座

他の競馬ブロガー様の予想もどうぞ

人気ブログランキング

JRA競馬予想

-----sponsored link-----