競馬
今週は 第76回 皐月賞(GI)を予想します。

出走馬枠順・単勝予想オッズ

馬番 馬名 単勝予想 騎手
1 ドレッドノータス 125.2 藤岡佑介
2 ジョルジュサンク 156.5 吉田隼人
3 マカヒキ 4.1 川田将雅
4 アドマイヤダイオウ 25.6 福永祐一
5 マウントロブソン 18.6 T.ベリー
6 ミライヘノツバサ 82.1 柴田大知
7 ウムブルフ 200.8 柴山雄一
8 ミッキーロケット 92.6 横山典弘
9 ナムラシングン 68.4 田辺裕信
10 トーアライジン 360.1 大野拓弥
11 サトノダイヤモンド 2.6 C.ルメール
12 リスペクトアース 197.4 石川裕紀人
13 プロフェット 68.6 戸崎圭太
14 ロードクエスト 21.6 池添謙一
15 エアスピネル 17.8 武豊
16 リオンディーズ 3.3 M.デムーロ
17 アドマイヤモラール 259.2 内田博幸
18 ディーマジェスティ 19.8 蛯名正義

展開・血統予想

雨予報で馬場が微妙です。

馬場はちょい濡れの稍重程度で
内外差はなしという仮定で予想します。

逃げ馬を見渡すと
何が逃げるかよく解りませんが、
厳しい流れを作る馬はいません。

ジョルジュサンクの4走前と5走前は
厳しい縦長の流れを作っていますが、
ミスター全ツッパ松山騎手が乗った結果なので再現性は無いでしょう。

-----sponsored link-----

という事で前半は
ある程度緩むと予想します。

能力的には
「マカヒキ・サトノダイヤモンド・リオンディーズ>エアスピネル>越えられない壁>その他」
となります。

血統を見ても上位4頭は
ディープインパクト産駒
キングカメハメハ産駒ですから
この時期急成長します。

他馬との差が広がる可能性すらあるのです。

そのため3強のボックス&エアスピネル3着固定馬券で取れると思いますが、雨予報なので少し攻めます。

とは言っても本命はリオンディーズです。

濡れた馬場の経験は無いですが、
母父がスペシャルウィークですから道悪は上手いはず。

半兄のエピファネイアのG1勝利は
いずれも濡れた路面です(JCは良馬場発表ですが当日朝まで降ってました)。

問題はミルコの乗り方だけ。

まず弥生賞ですが
(リオンディーズ7枠10番・マカヒキ8枠11番・エアスピネル4枠4番)

引っかかってしまいました。

ペースは遅く無いですが、ずっと折り合いを欠いています。

新馬でも同様の症状が見られたため、
前に馬を置かないと折り合えない馬かもしれません。

残念ながら今回も外枠を引いてしまいました。

でも雨が降れば同じような競馬でも十分勝てると思います。

ダービーを見据えて今回も同じ競馬をすべきですが、ミルコは先週のジュエラーのような乗り方が大好きですから心配です。

と言うのもコーナリング性能が悪いので、
直線が短いコースで後ろから行くとおそらく負けます。

ただマカヒキが内枠を引いたので、
マカヒキより後ろになる事はないはず。

仮にミルコが下手に乗ったとしても
連には絡んでくれると期待しての本命にします。

マカヒキは弥生賞の予想記事で書いたとおりコーナリング性能が優秀です。

最後尾から追走となりそうですが
仕掛けのポイントが問題となります。

川田騎手は仕掛けが遅いので心配です。

コーナリングがいい馬なのに、
最後の直線まで追わず
という事をやらかしそうな気がします。

また馬場が重以上になると厳しいです。

同配合のウリウリを見ると
濡れた路面では強いですが、
2000Mの重い馬場でG1の流れで
スタミナ勝負となると分が悪いはず。

以上の理由から
無印にはしませんが
評価を少しだけ下げました。

エアスピネルは弥生賞でほぼ完璧な競馬をしています。

前半は折り合いを欠きましたが、
好位置をキープ出来ました。

リオンディーズが加速出来ないコーナー区間で、一気に加速して襲いかかるも最後は突き放されました。

最後の1Fは追っていませんが
実力的には完敗です。

雨についてはデイリー杯で濡れた馬場を経験しました。
(8枠13番)

ただし、馬場がいい外側をずっとキープしての結果なので着差ほどは強くないです。

雨が降っても降らなくても
リオンディーズを逆転する可能性は
少ないと思います。

サトノダイヤモンドは評価が難しいです。

きさらぎ賞2016(8枠9番)

素質は凄いモノを持っていると思います。

ルメールも最初から選ぶくらい
「馬に跨れば違いが解るレベル」
で強いはずです。

ただコーナリングが下手なので
皐月賞向きではありません。

ルメールも言っていましたが、ダービー向きです。

この馬は前に馬を置かなくても
折り合えるのが強みだと言えます。

前走は出たなりで最初の1000Mが59.7で走っています。

それでもしっかりとした末脚です。

今回も抑えずに行かせれば
それなりのポジションが取れるはず。

その点がマカヒキやリオンディーズよりも有利だと言えます。

という事で普通に対抗です。

いちおう雨予報という事で1頭だけ穴馬を買い目に入れておこうと思います。

ナムラシングンです。

若葉ステークス2016(6枠6番)

アドマイヤダイオウがかかってバックストレートで捲ります。

このため道中から速くなりました。

ナムラシングンは折り合いに凄く難がある馬です。

このペースアップは結果的に助かります。

アドマイヤダイオウに負けましたが、
初めて実力を出しきったレースだと思います。

そのアドマイヤダイオウはここ2走乗ったミルコによると相当強いそうです。

netkeiba様より引用

――三強といわれていますがライバルの印象は?
ミルコ 今年で日本にきて17年。今年はメンバーがすごい。4頭がかなり強い。

――4頭とは?
ミルコ リオンディーズ、マカヒキ、サトノダイヤモンド、アドマイヤダイオウ。みんな勝ちたいだろうし、ライバルです。力は同じくらいです。

エアスピネル陣営は何を思う

それならアドマイヤダイオウ本命でもいいのですが、内枠で福永騎手が乗れば同じレースは出来ないはず。

一方ナムラシングンは田辺騎手なので
思い切った騎乗をしてくれると妄想します。

血統を見ても雨は強そうです。

買い目

馬連
リオンディーズ=サトノダイヤモンドの1点

3連単フォーメーション
1着リオンディーズ
2着マカヒキ・サトノダイヤモンド
3着エアスピネル・ナムラシングン

裏も
1着マカヒキ・サトノダイヤモンド
2着リオンディーズ
3着エアスピネル・ナムラシングン

まさかのマカヒキ・サトノダイヤモンドが両方やらかす馬券も
1着リオンディーズ
2着エアスピネル・ナムラシングン
3着マカヒキ・サトノダイヤモンド・エアスピネル・ナムラシングン

沢山買ったように見えますが、3連単14点です。

馬連は蛇足かもしれませんが、今のところ5倍も付いていますので4倍付けばプラスになるくらいの資金配分で買います。

-----sponsored link-----

重賞予想記事一覧

レース結果や敗因振り返り記事

パチスロ記事

種牡馬血統講座

他の競馬ブロガー様の予想もどうぞ

にほんブログ村トラコミュ
皐月賞2016

JRA競馬予想

-----sponsored link-----