競馬
今週は夏の大一番札幌記念なので、久々に競馬予想記事を書きます。

札幌記念2015

出走馬枠順・単勝予想オッズ

馬番 馬名 単勝予想 騎手
1 ラキシス 4.8 C.ルメール
2 フレージャパン 260.6 藤田伸二
3 スワンボート 312.3 水口優也
4 ダービーフィズ 7.8 岩田康誠
5 ヒットザターゲット 23.6 小牧太
6 サイモントルナーレ 165.2 三浦皇成
7 ラストインパクト 3.5 川田将雅
8 ヤマカツエース 28.6 池添謙一
9 ステラウインド 16.8 蛯名正義
10 ハナズリベンジ 150.9 丸田恭介
11 ディサイファ 13.8 四位洋文
12 トーホウジャッカル 3.3 酒井学
13 トウケイヘイロー 25.2 柴田善臣
14 ハギノハイブリッド 22.6 福永祐一
15 サクラアルディート 62.8 戸崎圭太

駄メタボ教授の展開予想・血統予想

今回はトウケイヘイローを追いかけるような先行馬が見当たりません。 となるとマイネルミラノが引っ張った今年の函館記念に似る可能性があります。

このレース2番手追走がヤマカツエースですが、この馬も折り合いに難があります。折り合うのに精一杯なので、マイネルミラノをマークする形にはなりませんでした。その結果縦長の競馬となり、3コーナーから後ろの馬が超ロングスパートで追いかける形となります。

-----sponsored link-----

こういう流れになると今回も内枠を引いているダービーフィズ有利となります。
相手は内枠かつ馬群突破経験が豊富な馬となり、ラキシスとラストインパクトでいいでしょう。

ただ昨年札幌記念はトウケイヘイローが逃げたものの、ハープスターとゴールドシップが4コーナーまでに捲りきりました。

ハープスターとゴールドシップは歴代G1馬の中でもかなり優秀なコーナリング性能を持っています。
トウケイヘイローのペース関係無く、自分のペースで捲って勝負を決めた感じです。

今年のメンバーを見渡すとゴールドシップやハープスターのようなG1馬かつコーナリング抜群という馬は居ません。でも、今のトウケイヘイローがこの相手に展開を作れるかどうかが疑問です。

七夕賞であの体たらくでしたので、このレースレベルだと他の騎手はトウケイヘイローを完全無視するかもしれません。つまり道中は縦長でも実質はスローの用意ドンというレースです。
あとラストインパクトが捲ってペースを作るという可能性も若干ながらあります。
それらを考慮すると「トウケイヘイローがいつも作っているようなレースの流れにはならない」可能性も十分です。
という事で今回はトウケイヘイローが空気という前提で予想をします。

札幌競馬場は小回りですが、4コーナーの角度が緩いのでスローになれば外差しが届きます。外から差すのに必要なのはコーナー中に追ってもスイスイ上っていけるコーナリング性能です。
今回のメンバーの中で一番コーナリングが上手いのはディサイファだと思います。
2013年日高特別

まあ2年も前のレースですが・・・。

スローの上がり比べになった場合は最高の枠を引きました。
あとコーナリングが上手いのはラストインパクトでしょうか。

一方で人気になりそうなトーホウジャッカルの取捨選択が難しいです。これまでの戦績を考えればこの馬が一番強いと思います。宝塚記念も展開に恵まれないながら4着に来ました。

でもスペシャルウィーク産駒はコーナリング性能が低い馬が多く、ゴールドシップやハープスターのようなコーナリングは不可能です。

それを理由に2009年札幌記念でブエナビスタを無印にして大金ぶっ込んだら2着に来られましたけど(´;ω;`)。当然次の秋華賞でも無印大勝負して、願望通り4コーナーでやらかしてくれたものの、繰り下がりで3着だったのはツイてなかったです。

逸れた話をトーホウジャッカルに戻しまして、この馬のコーナリング性能を見るとブエナよりかは全然スムーズです。
ただコーナー中に追い出したレース(2014玄海特別)では2着に負けています。外枠を引いた以上、コーナーで追うようなレースになると思いますので、ここはヒモ押さえまでとします。

一方前走トウケイヘイローが作った流れで外から差すという強い競馬をしたステラウインドはコーナリング性能に難がありますので、ここでは無印にします。
あと目黒記念覇者のヒットザターゲットは内枠を引けましたが、この馬向きの流れにはならないと思います。

穴候補はヤマカツエースとハギノハイブリッドの2頭となり、それ以下の人気薄は流石に能力が足らないでしょう。
ヤマカツエースの前走の敗因はキンカメ産駒の苦手なロングスパートレースとなった事で、最後脚が止まってしまいました。もっと強気にマイネルミラノを追いかけていたら結果が違っていたと思います。ただ今回も2000Mで距離不安がありますので、同じような競馬になるような気がします。こちらも無印で。

ハギノハイブリッドは血統構成を考えるとロングスパートレースが得意です。函館記念でダービーフィズに負けたのは斤量の差です。今回は斤量が同じになったのですが、ダービーフィズは内枠、ハギノハイブリッドは外枠となりました。とは言ってもトウケイヘイローの1個外なので、先行しやすい絶好の枠だと言えます。問題は福永騎手であり、この絶好枠を台無しにする可能性があるでしょう。4~5番手以内で競馬をすれば非常に面白い存在で、福永騎手じゃなければ本命にしていただけに残念です。

といった感じで、長々と書きましたが。ディサイファ・ラストインパクトから馬券を流そうと思います。

競馬予想記事

競馬のレース動画や敗因振り返り記事

パチスロ人気記事

他の競馬ブロガー様の予想もどうぞ

にほんブログ村トラコミュ

札幌記念(2015)

JRA競馬予想

-----sponsored link-----