競馬
今回は2015セントライト記念(月曜メイン)とローズステークス(日曜メイン)の予想をお送りします。

セントライト記念

出走馬枠順・単勝予想オッズ

馬番 馬名 単勝 騎手
1 ウイングチップ 64.8 田中勝春
2 ジュンツバサ 26.5 石橋脩
3 ベルーフ 10.2 川田将雅
4 ミュゼエイリアン 33.5 横山典弘
5 ロッカフェスタ 8.2 C.ルメール
6 サトノラーゼン 3.1 岩田康誠
7 ミュゼゴースト 32.6 柴田善臣
8 レッドライジェル 42.6 四位洋文
9 タケルラムセス 42.6 吉田豊
10 タンタアレグリア 13.8 蛯名正義
11 スモークフリー 26.5 柴山雄一
12 ブライトエンブレム 4.2 田辺裕信
13 キタサンブラック 7.2 北村宏司
14 グリュイエール 76.2 戸崎圭太
15 ブランドベルグ 48.6 松田大作

展開・血統予想

展開を作るのはキタサンブラックかミュゼエイリアンのはずです。ダービーは出ムチを入れたミュゼエイリアンの方がハナに行きました。

-----sponsored link-----

今回はどう乗るかですが、ミュゼエイリアンは毎日杯の勝ち馬なのに菊へ行くそうです。
横典騎手なので常識は通用しませんが、常識的に考えれば菊を見据えた場合、ダービーのような出ムチを入れる競馬はしないはず。
ちなみに菊花賞にミュゼエイリアンが出てくるなら、おそらく本命となります。血統的に長距離をこなせるのと急成長する時期なのと前に行ける馬だからです。今回も押さえは必要ですが、5着くらいに負けてくれる事を願います。

という事でキタサンブラックがハナに行くと予想します。
キタサンブラックが逃げた場合はスローになる事が多いです。
セントライト記念というか中山2200は前半スローになれば各馬早めに動くロングスパートレースになりやすい傾向があります。馬場も相変わらず外差し傾向です。

外からしぶとい足を使うといえばベルーフです。
小倉記念2015

今回は後ろからの競馬となるはずですが、外枠のブライトエンブレムが早めに捲る競馬をしてくれると後ろから差す馬に流れが向くはずです。
もちろんそのブライトエンブレムも買いますが、ペルーフの方が1回叩いて古馬と対戦経験があるのと人気が無い点を評価して本命としました。

他にもしぶとい足を使う馬を物色したら、タンタアレグリアが目につきました。
ダービーは半馬身前に居たリアルスティールに寄られる苦しい競馬で、青葉賞は直線持ったままで余裕をぶっこいていざ追い出したら加速力が無くて後続に差されてしまいます。
中京の500万ですが、最後1F失速するラップのレースをしっかり差しきっている点を好評価しました。
この馬も買います。

ローズステークス

出走馬枠順・単勝予想オッズ

馬番 馬名 単勝予想 騎手
1 レッドカーラ 32.2 四位洋文
2 テルメディカラカラ 89.3 幸英明
3 アンドリエッテ 10.2 横山典弘
4 シングウィズジョイ 26.2 内田博幸
5 プレミオテーラー 123.5 福永祐一
6 ライトファンタジア 18.2 川田将雅
7 ペルフィカ 127.7 菱田裕二
8 ミッキークイーン 3.1 浜中俊
9 サンクボヌール 54.6 松山弘平
10 レッツゴードンキ 4.8 岩田康誠
11 レーヌドブリエ 36.8 吉田豊
12 ディープジュエリー 11.2 柴山雄一
13 トーセンビクトリー 5.6 武豊
14 ティーエスクライ 326.3 和田竜二
15 タッチングスピーチ 18.6 C.ルメール
16 クイーンズリング 13.5 M.デムーロ
17 メジャーガラメキ 89.2 小牧太

展開・血統予想

オークスはロングスパートレースとなりました。

レッツゴードンキの敗因はキンカメ産駒が苦手なロングスパートレースとなったのと4コーナーで前の馬が下がってきて位置取りが極端に悪くなった事です。
そのためノーカウントと考えていいと思います。

ただ問題はこの結果を受けて、「今回どう乗るか」という話です。賞金は足りているのでここは色々試す事が出来ます。秋華賞を目標にする以上、後ろで折り合う競馬を試すという事はして来ないはず。枠順を考えれば出たなりに進んで前に馬を置かずに競馬をすると予想します。

展開はトライアルらしくスローになると思います。メジャーガラメキという抑えが効かない馬も居ますが、大逃げしても後ろが無視するはずです。そのため実質のペースは緩くなるでしょう。

他の人気馬を見てみるとミッキークイーンはスローの上がり比べのレースをあまりやってないですが、忘れな草賞での4コーナーからの加速力は凄かったので無印に出来ません。

2番人気のトーセンビクトリーも前走は楽勝でした。

夏ローカルであっても古馬1000万で勝てる馬はローズステークスだと十分通用する傾向があります。
そしてこのレースは外から被せられて折り合いを欠いた上での圧勝ですから、指数以上に強いです。
それと血統的にドスローの有馬で来たトゥザワールドと同配合なので、今回の流れも合うと思います。
秋華賞ではなくローズステークスで本命にすべき馬です。

という事で人気馬は全て買いという結論ですが、そうやって昨年も外していますw。

もちろん穴馬はきちんと物色したのですが、あまりいい馬がいません。

穴を開けやすいのはミッキークイーンの後ろから着を拾いに行く馬か、レッツゴードンキより前に行く馬かのどちらかだと思います。後ろから着拾い枠はアンドリエッテとなりますが、こちらも人気です。
となると前で競馬出来て、なおかつスローの上がり比べではしっかり結果を残しているシングウイズジョイが消去法的に穴馬推奨となります。
オークスでの大失速の原因が解らないものの、この人気なら買っていいでしょう。

-----sponsored link-----

競馬予想記事

競馬のレース動画や敗因振り返り記事

パチスロ記事

他の競馬ブロガー様の予想もどうぞ

-----sponsored link-----