2017年4月9日に行われます桜花賞の予想です。

出走馬枠順・単勝予想オッズ


他券種の最新オッズ

展開・血統予想

今日は雨が降っています。

乾いて良馬場になるとは思いますが、高速馬場にはならなさそうです。

こんなもん無理(´・ω・`)。

本命はアドマイヤミヤビにしました。

理由?

思ったより配当が付きますので(養分的思考)。

てっきりソウルスターリングと2強を分け合う形になると思っていました。

この馬は加速力に難があって、新馬戦ではそれが悪い方向に出て2着に負けます。

それ以降は長い直線のコースを使って勝ち上がってきた感じです。

阪神マイルも加速力は求められないコースなので、この馬向きだと思います。

問題はデムーロ騎手がどう乗るかだけ。

流石に手抜き騎乗は無いと思いたいですが・・・。

ルメール騎手はこの馬の特徴に併せてきちんと早仕掛けしていましたが、果たしてどうなる事やら。

対抗はソウルスターリングにします。

特に弱点は見当たりません。

トラブルフリーな外枠を引いたのもいいです。

ただ、チューリップ賞から輸送が続くのと、フランケル産駒の成長が未知数なので、そこに僅かな可能性をかけて対抗としました。

この2頭の馬連が2.5倍付けば美味しいと思いますが、どうなるでしょうか。

3番手はミスパンテールとします。

2強は仕方ないので、3連単・3連複のヒモ筆頭は着を拾える馬を買うのが基本です。

四位騎手ですし、後ろからになると思います。

前走から上積みについてはそこまで期待してはいけません。

頭無しの買い方になるはずです。

 

4番手はアエロリットとします。

2走前・3走前は厳しい流れで、最後差された感じです。

スローなら前走くらいは走ると思います。

横典騎手なのでどう乗るかは未知数ですが、最後尾から着を拾う競馬に徹すれば馬券圏内も十分あるでしょう。

ただ、初輸送の心配がありますので、4番手評価が精一杯となります。

5番手はリスグラシューです。

前走は2歳時と違ってスムーズな競馬が出来たものの、ソウルスターリングとの着差が開きました。

陣営も「これでは逆転出来ない」と調教を強化したそうです。

ただ、馬体も軽めで気性が悪い馬なので、攻め強化が悪い方向に転がる可能性も大いにあります。

調教後馬体重が減っていたら無印にしても良かったのですが、増えているためいちおうヒモには押さえるつもりです。

パドックでイレこんでいるかどうかがポイントになると思います。

ミスエルテは印が回りませんでした。

前走の敗因は解らないですが、トライアルが使えないレベルで休養が必要だったわけです。

順調でもこのメンバーに交じると厳しいのに、順調さを欠いているので厳しいかと思います。

アネモネSを勝ったライジングリーズンは実力的に馬券圏内に来てもおかしくありません。

ただ、東京で大敗しているように、阪神外回りだとこの馬の良さが活きないと思います。

初輸送も心配ですので無印です。

カラクレナイは前走恵まれただけなので買いません。

レーヌミノルが掃除したところを突っ込んだだけです。

そのレーヌミノルも池添騎手に乗り替わるという事で、前走の反省を活かして脚を溜める競馬をすると思います。

ただそんな競馬をしていては上位の馬を逆転するのは不可能でしょう。

玉砕逃げをするなら押さえてもいいのですが、池添騎手はあまりそういう騎乗をしないので買いません。

桜花賞の予想の自信度と一言コメントを人気ブログランキングに書いてあります。

予想の印

◎アドマイヤミヤビ
◯ソウルスターリング
▲ミスバンテール
△アエロリット
☓リスグラシュー

-----sponsored link-----

重賞予想記事一覧

レース結果や敗因振り返り記事

パチスロ記事

種牡馬血統講座

他の競馬ブロガー様の予想もどうぞ

人気ブログランキング(中央競馬)

JRA競馬予想

-----sponsored link-----