競馬

第60回産経大坂杯(G2)の予想記事です。

出走馬枠順・単勝予想オッズ

馬番 馬名 単勝予想 騎手
1 レッドレイヴン 76.1 柴田善臣
2 ラブリーデイ 3.1 M.デムーロ
3 ヌーヴォレコルト 6.2 岩田康誠
4 イスラボニータ 18.9 蛯名正義
5 アクションスター 126.4 松若風馬
6 タッチングスピーチ 11.6 福永祐一
7 キタサンブラック 5.1 武豊
8 ショウナンパンドラ 5.2 池添謙一
9 アンビシャス 4.5 横山典弘
10 マイネルラクリマ 220.9 丹内祐次
11 ニシノビークイック 365.1 国分恭介

展開・血統予想

豪華メンバーが揃いました。

大阪杯がG1にしたいJRAがレーティング平均を上げるために出走要請したのだと思います。

阪神大賞典があんなに手薄だったのもそういう理由があるはず。

-----sponsored link-----

今日の馬場状態を見ると内が良さそうに感じました。

逃げるのはおそらくマイネルラクリマだと思いますが、行かなければキタサンブラックが押し出されるようにハナへ行くでしょう。

どちらが逃げてもスローの流れを作る馬です。

そのため4コーナーからの加速力がポイントとなります。

となると本命は普通にラブリーデイです。

前回は4コーナーまで完璧だったものの、最後の直線で前が開きませんでした。

有馬記念2015:2枠4番

前を走るゴールドアクターやマリアライトは人気が無かったわけですから、まずはキタサンブラックの後ろを狙うのは当然です。

しかし、運悪く3頭共横並びでゴールまで行ってしまいます。

進路が無かったのは薄い確率で起こった結果論ですから、川田騎手のミスでは無いです。

乗り換えのメリットはありません。

ぶっちゃげアンビシャスの方が能力は上ですからデムーロ騎手もそちらを選べばいいと思うのですが、早い段階でオファーがあったのだと思います。

そのアンビシャスは横典騎手なので、どう乗るか解らないです。

普通に乗れば勝ち負けで本命評価が妥当ですが、ここはいつも通り対抗評価とします。

ヌーヴォレコルトは注文通り内枠を引きましたが、4コーナーの加速力勝負は若干分が悪いので無印です。

岩田騎手が今週もしくってくれる事を祈ります。

タッチングスピーチも能力的には十分足りますが、今回は展開に泣かされると思うので無印です。

イスラボニータも距離が伸びて良いことは無さそうなのでバッサリ無印です。

残るはショウナンパンドラとキタサンブラックとなりますが、おそらくキタサンブラックは春天を意識して後手後手に回ると予想します。

出来ればハナにも行きたくないはず。

そういう競馬をしていると4コーナーで飲み込まれると思います。

消去法でショウナンパンドラです。

他に面白そうな穴馬も居ないので、

ラブリーデイ軸の
アンビシャス
ショウナンパンドラ
への馬連2点、3連複1点に絞って少額買って観戦します。

-----sponsored link-----

他メインの予想:ダービー卿チャレンジトロフィー予想・オッズ2016

重賞予想記事一覧

レース結果や敗因振り返り記事

パチスロ記事

種牡馬血統講座

他の競馬ブロガー様の予想もどうぞ

にほんブログ村トラコミュ

JRA競馬予想

産経大阪杯(2016)

-----sponsored link-----