中央競馬ランキングへ

ダービー卿チャレンジトロフィー

レース動画


敗因振り返り

展開はラインスピリットが押してハナに立ってからブレーキをかけます。
ブレーキをかけすぎたためにスローの上がり比べとなり、モーリス・クラリティシチーで決まったというのは予想記事を読んで頂いた方には分かると思います。

-----sponsored link-----

とは言っても自分の本命馬コスモソーンパークは着外です。
内を走って全く開かなかったのが敗因ですが、外に出していても負けていたと思います。
何故ならアーデントが道中上がっていったものの、いつものように無理矢理先頭に立つ競馬をしなかったからです。外差し馬場を考えれば押さえて先頭に立たずに外外回る騎乗もアリですが、切れる脚がない馬だとあの位置からの再加速では遅すぎるのでアーデントの石橋騎手にはもう少し考えて乗って欲しかったと思います。

レース結果・払い戻し

[table id=29 column_widths=”7%|7%|33%|21%|13%|12%|7%”/]

[table id=31 /]

大阪杯

レース動画

敗因振り返り

ゼロスは逃げるも他がガン無視という感じで想定通り最後は横長の競馬となりました。
キズナの武豊騎手を追い出しをギリギリまで我慢する好騎乗だったと思いますが、まさかのラキシスに差されて突き放されるような完敗です。

ルメール騎手はインタビューで「ラキシスはこの馬場が得意でキズナは苦手」というような内容の発言をしてました。
ラキシスもキズナも「ディープインパクト×ストームキャット」と配合が同じなので極端に不良馬場適正に差はないと思いますが、騎手がそう言っているからそうなのでしょう。

キズナは3着以下には着差をしっかりつけているので強さは見せつけたと思いますが、それ以上に強かったラキシスには驚きました。

逆を言うとこの馬はディープインパクト産駒の中では特異タイプで逆に東京のトップスピード比べだと切れ負けするかもしれませんね。
春は何処を目指すか解りませんが、東京で過剰人気するなら取捨選択に気をつけたいです。

対抗評価のエアソミュールはゲートを出て一生懸命ブレーキをかけましたが、ショウナンパントルに寄られて引っかかってしまいました。
最後の直線でも前が開かず結果的に凡騎乗だったと言えますが、運良く3着は確保出来ました。
良馬場だったらスピルバーグには余裕で差されていたと思います。

レース結果・払い戻し

[table id=30 column_widths=”7%|7%|33%|21%|13%|12%|7%”/]

[table id=32 /]

中央競馬ランキングへ
現在メタボ教授の爆穴公開予想は休止中です(休止前成績:総投資124800円、回収174900円)。

競馬予想記事

競馬のレース動画や敗因振り返り記事

パチスロ人気記事

-----sponsored link-----