オークス2017の予想記事です。

出走馬枠順・単勝予想オッズ


他券種の最新オッズ

展開・血統予想

厳しい流れを作る馬が居ないのでスローになりそうです。

スロー見え見えでも早仕掛けしにくいのがオークスなのですが、問題はアドマイヤミヤビのデムーロ騎手がどう乗るかです。

前走は後ろからとなって、馬場の乾いてない大外を走らされました。

-----sponsored link-----

この馬は滅茶苦茶ズブいので「早仕掛けしないとダメ」な事はデムーロ騎手も理解して乗っていましたが、最後の200Mで何故か追うのを諦めてしまいます。

そのタイミングで前の馬が急失速したので、ちゃんと追っていたらおそらく届いていました。

実際、同じハーツクライ産駒のリスグラシューは、4コーナーで前の馬に突き放されて、敗戦濃厚の脚色から最後の200Mだけで詰めて2着に来ています。

それ故に不可思議な騎乗でした。

アドマイヤミヤビにとって距離延長は間違いなくプラスです。

問題は「デムーロ騎手が真面目に乗るかどうか」となります。

それでもオッズを考えると本命にしたいです。

ただ、前回もお話しましたが、僕の公開予想でデムーロ騎手を本命にすると、クソ騎乗しかしません

今回も同じパターンのような気もします。

それと調教後馬体重が減っているのも気がかりです。

短期放牧から帰厩後は馬なり調教が続いています。

百日草特別の時と同じような調教パターンで、遠征と距離延長を見越して「テンションを上げないように」調教を軽くしているのだと思いますが、体重が減っているのは嫌な予感です。

それ故に本命にはしたくないのですが、他に買いたい馬が居ないので仕方なく本命にします。

といった感じで、今回は「デムーロが真面目に乗ってアドマイヤミヤビが来る」と仮定して予想を組み立てます。

ちゃんと乗るなら、スタートから積極的に出していって中団を取りに行くでしょう。

スタートで中団に付けられなくても、残り1000~800の地点から早仕掛けをしてくるはずです。

もしアドマイヤミヤビが直線で突き抜ければ、内から差してくる馬はスペースが無くなります。

そのため、外から差してくるであろうリスグラシューを対抗とします。

この馬は、あくまで「アドマイヤミヤビが早め早めの競馬をする」という前提での対抗評価であって、スローの上がり比べなら4~5番手評価の馬です。

3番手はソウルスターリングにしました。

お父さんがフランケルという事で、距離適性云々が言われていますが、オークスは緩い流れになりやすく、スタミナが問われる事は少ないです。

前走も言いましたが、そもそもフランケル産駒がお父さんと同じ傾向なら前走は負けていなかったと思います。

ただ、折り合いが微妙で、引っかかる可能性が若干あります。

それと春先の成長が「サンデー系に比べて弱い」という可能性もあります。

という理由で3番手評価にしましたが、アドマイヤミヤビとの馬連が7~8倍付きそうなので普通に買いです。

4番手はレッドコルディスにしました。

アドマイヤミヤビが早仕掛けする事を前提として高く評価しました。

前走は8枠で距離損が大きかったのが敗因です。

まだ4戦目ですし、伸びしろもあると思います。

問題はこの日の馬場が外有利だった事です。

オッズを考えれば、フローラS組の中ではこの馬が一番美味しいように見えますが、罠の可能性も十分あるので押さえ評価にしました。

5番手はフローレスマジックです。

ディープインパクト×ストームキャットなので、おそらく東京が得意な馬だと思います。

陣営がそれを解っているので、ずっと東京を使っているのでしょう。

前走のフローラSは外目の枠だったので、距離ロスを無くすために積極的に前に行きました。

その結果、少し折合いを欠いて、最後も伸びあぐねましたが、差のない3着には来ています。

今回は内枠替わりがプラスですし、関東馬というだけでもプラス要素です。

人気先行タイプではありますが、押さえようと思います。

他の馬も解説します。

モズカッチャンは無理に切る必要はありません。

フローラステークスは「緩んだ前残りの流れで外が有利な馬場」という見立てなので、モズカッチャンは着差以上に強いと考えてます。

とは言え、高速馬場替わり&枠替わりでフローレスマジックに逆転される可能性も十分です。

あとアドマイヤミヤビが早仕掛けするという前提なので、仮にそうなればモズハツコイの進路が無くなります。

僕は泣く泣く切りますが、ソウルスターリング本命の人は買っておいた方がいいです。

レーヌミノルも無印です。

脚を溜める競馬が出来る馬なら距離が不向きでもオークスでは大丈夫ですが、この馬のように早め先頭で押し切るようなタイプは厳しいと思います。

同じようなタイプの桜花賞馬だと本田調教師自身が乗ったテイエムオーシャンを思い出しますが(オークス:3着)、テイエムオーシャンは桜花賞を楽勝しています。

一方で、レーヌミノルは最後の1F急失速しているだけに、本来は1600Mですら長いはずです。

桜花賞を勝っているのに人気は無いですが、やはり見送ろうと思います。

フローラS2着のヤマカツグレースも無印にしました。

前走は確かに恵まています。

人気が無いのも解りますが、今回も横典騎手がハナに行けば恵まれるかもしれません。

それ故、このオッズなら全然買ってもいいですが、再三申し上げます通り、アドマイヤミヤビが早仕掛けするという前提なので、今回は見送りました。

最後に気になる1頭を挙げておくとミスパンテールです。

前走の敗因は陣営も解らないとの事。

それ故に買いづらいですが、チューリップ賞みたいに後ろで脚を溜める競馬をすればアドマイヤミヤビの後ろから差してきて恵まれる可能性があるので少し押さえます。

予想の自信度と一言コメントを人気ブログランキングに書いてあります。

-----sponsored link-----

予想の印

◎アドマイヤミヤビ
◯リスグラシュー
▲ソウルスターリング
△レッドコルディス
☓フローレスマジック

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[ メタボ教授 ]

DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

重賞予想記事一覧

レース結果や敗因振り返り記事

パチスロ記事

種牡馬血統講座

他の競馬ブロガー様の予想もどうぞ

人気ブログランキング

JRA競馬予想

-----sponsored link-----