競馬

敗因振り返り

レースは厩舎のコメント通りヤマカツライデンが厳しい流れを作りました。

雪の影響でトップスピードが殺される馬場となり、本当は京都大賞典みたいなため逃げした方がいいのですが、アドマイヤフライトに乗るフォーリー騎手の嫌がらせがあったのでどうしようもありません。

フォーリー騎手は何を思ったのか、道中はずっと絡んで挙句の果てには下り坂で仕掛けます。

ヤマカツライデンは休み明けか2日の順延の影響か解らないですが+14KGでしたので本来の調子では無かったのかもしれませんが、フォーリーの嫌がらせが無ければチャンスはあったはずです。

-----sponsored link-----

結果的にはヤマカツライデンとアドマイヤフライトの後ろに居た馬が上位を独占します。

 

ミッキーロケットはスタートの良さを活かしきった感じです。

スプリングSでは出遅れをかましたわけですが、順調に成長していると言っていいでしょう。

おそらく大阪杯を目指すのでしょうが、力関係だけだと思います。

 

個人的に反省しないといけないのはシャケトラを無印にした点です。

内で馬群突破した経験が無くて、人気になるならイラナイと思ったのですが、簡単に外へと出せました。

13頭立てでヤマカツライジンが縦長の馬群を作ると仮定したわけですから、外に出せる可能性も考えないといけません。

ちょっとその点が甘かったと反省しております。

 

カフジプリンスやレッドエルディストは届かない位置で競馬をしてしまいました。

特にカフジプリンスは残念です。

前走岩田騎手がポジションを取りに行く競馬をして、今回もスタートが良かったのを福永騎手が無理矢理抑えて自滅しました。

2走前・3走前の内容なら岩田騎手は降ろされて当然ですが、前走は完璧に乗っているだけにこのタイミングで降ろす判断をした陣営は何を考えているのでしょうか。

 

レーヴミストラルは走れる状態じゃ無かったのかもしれませんが、デムーロ騎手は典リスペクトポツンをします。

しかし典さんと違って、下り坂で仕掛けて馬にダメージを残す不可解な騎乗です。

5歳で12戦目なのでまだまだやれると思いますが、もう一回くらいは叩かないと厳しいように見えます。

-----sponsored link-----

 

レース結果・払い戻し

着順 馬番 馬名 騎手
1 5 ミッキーロケット 和田竜二
2 3 シャケトラ 浜中俊
3 8 モンドインテロ V.シュミノー
4 9 レッドエルディスト 四位洋文
5 7 カフジプリンス 福永祐一
6 2 ヤマカツライデン 池添謙一
7 1 トルークマクト 武豊
8 4 マドリードカフェ 川島信二
9 6 アクションスター 松若風馬
10 14 レーヴミストラル M.デムーロ
11 13 ウインインスパイア 三津谷隼人
12 10 テイエムナナヒカリ 田中健
13 12 ダコール 小牧太
14 11 アドマイヤフライト S.フォーリー

 

馬券 番号 金額 人気
単勝 5 290円 1番人気
複勝 5 120円 1番人気
3 150円 2番人気
8 170円 4番人気
ワイド 3-5 260円 1番人気
5-8 330円 2番人気
3-8 580円 7番人気
枠連 3-4 610円 2番人気
馬連 3-5 620円 1番人気
馬単 5-3 1,230円 2番人気
3連複 3-5-8 1,330円 2番人気
3連単 5-3-8 5,040円 3番人気

結果・払い戻しにつきましては念の為JRAのHPもご確認下さい。

重賞予想記事一覧

レース結果や敗因振り返り記事

パチスロ記事

種牡馬血統講座

ブログランキングサイト

人気ブログランキング

競馬ブロガー

-----sponsored link-----