競馬
2016年1月31日に行われました第30回 根岸ステークスと第21回シルクロードステークスの結果振り返り記事です。

根岸ステークス

レース動画

敗因振り返り

プロトコルは痛恨の出遅れ(´・ω・`)。

-----sponsored link-----

前に行った馬がほぼ全て残ったレースなので痛かったです。

しかし、1点勝負の相手であるタガノトネールが4着と粘れなかったのでどちらにせよ駄目でした。

予想記事で勘違いしていて、「古馬になって1400以上で馬券を外したこと無い」と書いていましたがプロキオン4着がありましたm( _  _ )m土下座。

そして今回も4着、もう救いようがありません。

3連複のヒモ3頭選んで1着から3着だったので、予想はそこまで間違ってないはずですが、センスが無いです。

フェブラリーステークスに関しては全く予想が付かなくなりました。

おそらくメタボ教授は当たりません・・・。

レース結果・払い戻し

着順 馬番 馬名 騎手
1 15 マル外モーニン 戸崎圭太
2 8 マル外タールタン C.ルメール
3 2 グレープブランデー F.ヴェロン
4 9 タガノトネール 田辺裕信
5 6 アンズチャン 横山典弘
6 11 プロトコル 柴田大知
7 16 レーザーバレット F.ベリー
8 4 マルカフリート 石橋脩
9 10 アドマイヤサガス 国分恭介
10 1 レッドファルクス 吉田豊
11 5 キョウエイアシュラ 三浦皇成
12 3 アドマイヤロイヤル 石川裕紀人
13 7 シカク地サトノタイガー 吉原寛人
14 14 サクラエール 池添謙一
15 12 シゲルカガ 藤岡康太
16 13 シカク地シンキングマシーン 柴山雄一
馬券 番号 金額 人気
単勝 15 220円 1番人気
複勝 15 130円 1番人気
8 280円 6番人気
2 660円 10番人気
ワイド 8-15 530円 4番人気
2-15 1,340円 16番人気
2-8 3,820円 36番人気
枠連 4-8 1,120円 5番人気
馬連 8-15 1,330円 5番人気
馬単 15-8 1,850円 6番人気
3連複 2-8-15 11,480円 38番人気
3連単 15-8-2 34,400円 121番人気

シルクロードステークス

レース動画

敗因振り返り

こちらは反省大賞モノです。

自信の無印のダンスディレクターが1着・・・m( _  _ )mもっと後ろから行くと思ってた。

ローレルベローチェが
そこまで速く逃げてないのに
後続に決定的な差をつけてしまいます。

2番手を走るアクティブミノル
の武豊騎手がゆっくり行き過ぎました。

セカンドテーブルの水口騎手も
武豊騎手に合わせた競馬をしたのが
まずかったと思います。

出遅れたサトノルパンは論外だとして、
ビッグアーサーのミルコは何やっているの?という話です。

道中、無理矢理手綱を引っ張って
折り合いを欠いている事からも
完全な騎乗ミスだと言えます。

一方でダンスディレクターの浜中騎手は
好騎乗過ぎて辛いです。

今回のような競馬が出来るなら
宮杯では押さえないといけないかなと思います。

-----sponsored link-----

レース結果・払い戻し

着順 馬番 馬名 騎手
1 1 ダンスディレクター 浜中俊
2 8 ローレルベローチェ 中井裕二
3 7 ワキノブレイブ 小牧太
4 6 セカンドテーブル 水口優也
5 16 ビッグアーサー M.デムーロ
6 5 サトノルパン 和田竜二
7 9 マル地ヒルノデイバロー 岩田康誠
8 4 ヤマニンプチガトー 村田一誠
9 15 ネロ 内田博幸
10 3 マル外リトルゲルダ 松山弘平
11 11 アースソニック 川田将雅
12 2 メイショウツガル 鮫島良太
13 12 ヤサカオディール 小崎綾也
14 13 ニンジャ 古川吉洋
15 14 セイコーライコウ 秋山真一郎
16 10 アクティブミノル 武豊

 

馬券 番号 金額 人気
単勝 1 440円 2番人気
複勝 1 200円 2番人気
8 430円 6番人気
7 1,230円 11番人気
ワイド 1-8 990円 9番人気
1-7 3,000円 28番人気
7-8 7,950円 53番人気
枠連 1-4 2,210円 8番人気
馬連 1-8 2,440円 9番人気
馬単 1-8 4,290円 17番人気
3連複 1-7-8 46,300円 104番人気
3連単 1-8-7 161,190円 393番人気

結果・払い戻しにつきましては念の為JRAのHPもご確認下さい。

競馬予想記事

競馬のレース結果、敗因振り返り記事

パチスロ記事

種牡馬血統講座

にほんブログ村競馬トラコミュ

競馬ブロガー

シルクロードS(2016)

根岸S(2016)

-----sponsored link-----