中央競馬ランキングへ

共同通信杯

出走馬枠順・オッズ

[table id=5 column_widths=”15%|40%|20%|25%”/]

駄メタボ教授の予想

セントポーリア賞(ドゥラメンテ)

口向きの悪さが気になりますが、中山ならともかく東京なら問題ないと思います。
ジョッキーも前走完璧に乗れている事から不安要素とはいえないです。
本命は仕方ないかと思います。

-----sponsored link-----

ホープフルS 2014(ティルナノーグ・ダノンメジャー)

3コーナーから4コーナーにかけて緩んで馬群が横長になりました。この2頭共に大外を回されてその分は不利だったと思います。ただティルナノーグは加速をつけて回った割には最後の伸びがサッパリでした。ティルナノーグは2000は長いのかもしれないので距離短縮でどう出るでしょうか。
ダノンメジャーは前が塞がって追い出しが遅れたのでこれは仕方ないと思います。

東京スポーツ杯2歳S 2014(アヴニールマルシェ)

ラスト2Fの上がり比べで前が開くまでに時間があるので、その分は内容があると思います。
問題は休み明けでしょう。

他の馬を見ても良さそうな馬が一杯居て100回やったら100回結果が変わりそうですね。

京都記念

出走馬枠順・オッズ

[table id=6 column_widths=”10%|40%|25%|25%”/]

駄メタボ教授の予想

春の天皇賞(キズナ)

骨折していたそうなのですがあの位置取りは京都の外回りでは勝てない位置取りと仕掛けですので、自分は骨折と4着は関係ないと思っています。
ただ産経大阪杯を見ても解るように非凡な加速力がありますので、そこまで縦長にならない今回は京都新聞社みたいな乗り方で届く可能性もあります。
京都新聞杯2013

でも個人的にはこういう切れ味型の骨折長期休養明けは買わないようにしています。

ジャパンカップ(ハープスター)

敗因は故障馬云々と言われていますが、それほどの不利のようには見えませんでした。
敗因は馬場の方が大きかったと思います。
今回は馬場はいいですが、京都の外回りがどうかです。
札幌記念のような競馬は京都の外回りでは通用しません。

こうなると当然逃げ馬を物色するわけですが、縦長でセーフティーリードを築けそうな馬がいないです。

中山金杯(ラブリーデイ)

ロゴタイプが早め仕掛けてそこに開いたスペースに飛び込んだものなのでそこはラッキーだったとは思いますが、京都の外回りはあの位置がベストポジションですので、2列目で競馬が出来るなら頭もあると思います。

日経新春杯2015(アクションスター、ハギノハイブリッド、トウシンモンステラ)

上がり3Fの競馬で4コーナーまでのポジションとコーナーでいかに加速できたかが重要だったと思います。
アクションスターとトウシンモンステラは位置取り的に論外で、ハギノハイブリッドは位置取りは良かったものの加速が上手く付けれませんでした。
今回は距離が200M短縮されるだけなので同じ競馬をすれば同じ結果になると思います。

中央競馬ランキングへ

競馬予想記事

競馬のレース動画や敗因振り返り記事

パチスロ人気記事

-----sponsored link-----