競馬

JRAは来年から競馬の降級制度を廃止する意向みたいです。

YAHOOニュース様より引用

4歳馬の収得賞金が夏番組に切り替わった時点で半額となる今の降級制度が、来夏廃止される見通しだ。JRA、日本調教師会への取材で明らかになった。廃止が決まれば、夏競馬においてファンの間では浸透している“4歳降級馬狙い”の作戦が通用しなくなる。

降級回数は1988年の夏季番組で、2回から1回に減った。それ以前は勝って同条件に滞留する古馬が増加。反比例して高条件の在籍頭数が減り、競走数も減少。JRAはクラス移動を円滑に行う改善策として関係者と協議、実施に至ったものだ。

-----sponsored link-----

今回、JRAは降級制度廃止案を提示した主な理由に(1)現状でも夏に降級馬が増えると高条件のレースを組みにくい(2)ビギナーファンには分かりにくい、を挙げる。また、降級馬の5割以上が1年以内に勝利。数字面で偏りが出ているのは確かで、競争原理にそぐわないとも言えそうだ。

一方、調教師の間では降級廃止なら抹消時期が早まるのでは、と懸念する声も多い。意見交換のため両者間で20日、2回目の会議が開催された。調教師会のある幹部は「現時点では反対意見が多い。ただ、廃止なら高条件レースが増え、必然的に全体の賞金もアップするメリットが。それは反対できない。今後は馬主連合会、調教師会と協議を重ね、廃止の方向で決着するのではないか」と話す。制度改革への動きが慌ただしくなってきた。

まだ廃止になる事は決まっておらず
これから議論をされますが、
普通に考えれば反対する人は居ないと思います。

競馬界の馬の質は据え置きで
高額レースが増える
わけですから馬主や調教師からすればメリットしかありません。

降級したら勝てたのに・・・と思う陣営も居るかもしれませんが、降級を廃止する事によって上から降りてくる馬も居なくなるわけです。

現級のレベルは今より下がります。

実際JRAは降級廃止に向けて
オープン特別や重賞をどんどん増やしてきました。

昔の2段階降級制度を今現在に当てはめれば、オープン特別を勝ったりG3で上位に来るような馬が昔の制度だと1600万で終わっていた可能性があります。

JRAが「競走システムを解りやすくするために」賞金を上げてくれるわけですから、反対する方がおかしいです。

降級制度が必要だった理由

そもそも何故降級制度があったかを解説しますと、本賞金だけでクラス編成すると実力にバラツキがあったからです。

昔の素質馬は「2歳夏は涼しい牧場で調整して、秋からトレセンに入厩して、10月以降にデビューする」のが一般的でした。

素質馬がオープン特別や重賞を使うのは概ね2歳の12月以降です。

2歳11月までの500万~重賞というのはレベルが相当低いレースでした。

そこで本賞金を稼いだ馬が3歳・4歳となると詰んでしまうので、降級制度が必要だったわけです。

また、晩成馬というのも今より多くいたので、クラシックで活躍した馬が4歳以降苦戦するケースも沢山ありました。

そのため、クラスを再編成する必要があったのです。

-----sponsored link-----

しかし、今は2歳夏から素質馬がデビューしています。

・6月に東京や阪神の新馬が出来た

・セールでアピールするために2歳6月・7月を重要視する牧場が増えた

・賞金ボーダーやローテーションの変化により、11月以降のデビューだとクラシックに向けて余裕がない

という理由があると思います。

対照的に『素質は無いけど早く仕上げて2歳夏で賞金を稼ごう』という手段があまり通用しなくなりました。

 

つまり、昔と今とを比べると
・昔は馬の成長曲線がバラバラで、本賞金だけで割り振ると同じクラスでも馬の実力差が大きかったので再編成の必要があった

・今は成長曲線が殆ど一緒なので再編成しなくてもクラスの馬レベルが均質化されている

ゆえに降級廃止は妥当な判断だと思います。

重賞予想記事一覧

レース結果や敗因振り返り記事

パチスロ記事

種牡馬血統講座

人気ブログランキング(中央競馬)

JRA競馬予想

-----sponsored link-----