JRAの競馬場は全部で10箇所あります。

コースによって得意・不得意があるため、同じメンバーで競馬をしてもコースが変わるだけで結果が変わるのが競馬予想の難しいところです。

 

初心者がコースを見るポイントは
「右回りか左回りか」
「最後の直線の長さ」
「坂の高低」
あたりを押えておけばOKです。

それでは一つ一つの競馬場を見てみましょう。

東京競馬場(左回り)

東京競馬場

-----sponsored link-----

東京競馬場高低差
(画像は全てJRA公式資料より引用)

最後の直線が525.9Mと長めのコースです。

残り500Mの付近から2Mの上り坂があります。

G1など大きいレースが行われる事が多く、メインとなる競馬場です。

中山競馬場(右回り)

中山競馬場平面図

中山競馬場UPダウン

直線は310mと東京競馬場より短い競馬場です。

ところがゴール前に急坂があります。

近年馬場整備の方法が変わった影響もあり、差しが決まる事も多くなりました。

京都競馬場(右回り)

京都競馬場

京都競馬場外回り高低差

直線に坂がありません。

一度トップスピードに乗せると惰性でゴールまで雪崩れ込む事が可能です。

そのため「トップスピードの高さ」と「4コーナーからの加速力」が勝敗の分かれ目となります。

 

阪神競馬場(右回り)

阪神競馬場

阪神競馬場高低差

外回りの直線は473.6mと長いです。

最後の直線に入ると下り坂になるため、他の競馬場ほどの加速力が求められません。

最後の200Mに坂がありますが、勢いで登りきる馬も居ます。

-----sponsored link-----

福島競馬場(右回り)
福島競馬場

福島競馬場高低差

最後の直線が292mと短いです。

後ろから差してくるのが難しいため、基本前を走る馬が有利となります。

以前はレースを使われると芝が掘れてボロボロになりやすい競馬場でしたが、近年はそういう傾向が無くなりつつあります。

新潟競馬場(左回り)

新潟競馬場

新潟競馬場高低差

外回りの長さは658.7mと日本一長い直線を持っています。

長すぎるゆえに仕掛けのポイント(スパートするタイミング)が難しいです。

騎手の腕が重要なコースだと思います。

あと新潟競馬場には直線1000Mというコースがありますが、予想はかなり難しいです。

初心者は手を出さないようにしましょう。

中京競馬場(左回り)

中京競馬場

中京競馬場高低

特徴的には東京競馬場を1サイズ小さくした感じとなります。

コーナーの角度が緩く、バンクを設けているため、「内と外との差が少ない」と言われているコースです。

小倉競馬場(右回り)

小倉競馬場

小倉競馬場高低差

平坦・小回りのスペックとなります。

関西馬(滋賀県在住)でも遠いので、輸送のリスクが伴う競馬場です。

お盆の渋滞や事故渋滞に巻き込まれて、長時間輸送により馬の体調が下降する事も珍しくありません。

そのため、事前に輸送して小倉競馬場で調整をする馬もいます。

交通状況や輸送時の気温によってはその方が有利です。

函館競馬場(右回り)

函館競馬場

函館競馬場高低差

最後の直線が262.1mしかない競馬場です。

気温が低い北海道にあるため、本州にある競馬場とは芝の品種が違います。

そのため、得意・不得意がはっきり出る競馬場です。

本州の芝よりは時計がかかるので、スタミナが必要となります。

札幌競馬場(右回り)

札幌競馬場

札幌競馬場高低差

こちらも北海道にある競馬場なので、芝の品種が異なります。

函館競馬場と同じようなスペックですが、「コーナー角度が緩い」という違いがあります。

外からでも差して来れるのが札幌競馬場の特徴です。

JRA10競馬場を簡単にまとめました。

馬によって得意な競馬場は異なります。

苦手な競馬場を走った時は評価を落として、得意な競馬場で走った時に狙うのが馬券戦術の基本です。

初心者入門講座へ

当ブログの管理人がメインレースを予想
重賞予想記事

-----sponsored link-----