競馬

敗因振り返り

藤岡兄はいい加減にしろ(#・∀・)。

本線で大的中していたレースを邪魔されました。

ダコールの敗因は最後の直線でマーティンボロにずっと塞がれていたからです。

あそこで藤岡騎手が右ムチを入れる理由なんて本来ありません。

-----sponsored link-----

ダコールを前に出さないように左へブロックする意図があったはずです。

ミルコもよくやりますが、あんな斜行を認めていたら競馬になりません。

結局マーティンボロが開けたスペースをエキストラエンドが突っ込んできて、メタボ教授は馬連どころかワイド・3連複まで外してしまいました。

ダコールの小牧騎手の騎乗は完璧だっただけに、残念です。

クランモンタナは思い切った先行策をしました。

ただ。いくらスタミナ勝負に強いと言っても、道中もずっと追っつけるのはやり過ぎです。

ペースはそれほど早くありませんでしたが、あれで最後まで持ったのは買っていた本人ですら予想外でした。

次のレースも先行すると思いますが、どういうペースになるのでしょうか。

アングライフェンは前走と同じく捲りの競馬をしました。

ただ、ペースや相手を考えると押しきれるだけの力が無かったと思います。

プランスペスカは折り合っていたのにも関わらず、向こう正面で手応えが怪しくなります。

流石にこんな負け方をする馬では無いので、状態が悪かったのではないでしょうか。

サトノラーゼンはスムーズな競馬が出来ましたが、最後の伸びはありませんでした。

血統的に早熟では無いので「終わった馬」じゃ無いと思いますが、良化の兆候が見られない限り今後も無印扱いでいいでしょう。

ペルーフはダコール程では無いですが、マーティンボロの被害を受けてしまいました。

昔から言っているように小回りのロングスパートレースが得意な馬なので、ここが最適条件です。

陣営としては是非とも勝っておきたい所だったでしょうが、クビ差で負けてしまいました。

また直線の長いコースで適当に負けて小回りに戻ってきて欲しいです。

-----sponsored link-----

レース結果・払い戻し

着順 馬番 馬名 騎手
1 3 クランモンタナ 和田竜二
2 5 ベルーフ D.ホワイト
3 2 エキストラエンド 浜中俊
4 11 ダコール 小牧太
5 6 マーティンボロ 藤岡佑介
6 8 テイエムイナズマ 古川吉洋
7 1 サトノラーゼン 岩田康誠
8 7 メイショウナルト 松若風馬
9 4 アングライフェン 川田将雅
10 12 プランスペスカ 幸英明
11 10 ウインリバティ 松山弘平
12 9 リヤンドファミユ 藤岡康太

 

馬券 番号 金額 人気
単勝 3 3,660円 11番人気
複勝 3 790円 11番人気
5 290円 4番人気
2 380円 7番人気
ワイド 3-5 3,210円 42番人気
2-3 2,950円 38番人気
2-5 1,480円 20番人気
枠連 3-5 7,670円 24番人気
馬連 3-5 13,340円 44番人気
馬単 3-5 35,060円 96番人気
3連複 2-3-5 30,720円 107番人気
3連単 3-5-2 321,730円 843番人気

結果・払い戻しにつきましては念の為JRAのHPもご確認下さい。

重賞予想記事一覧

レース結果や敗因振り返り記事

パチスロ記事

種牡馬血統講座

にほんブログ村競馬トラコミュ

競馬ブロガー

-----sponsored link-----