競馬

今週は第76回 菊花賞を予想します。

出走馬枠順・単勝予想オッズ

馬番 馬名 単勝予想 騎手
1 ミコラソン 235.2 武幸四郎
2 サトノラーゼン 6.5 岩田康誠
3 タンタアレグリア 15.8 蛯名正義
4 キタサンブラック 10.3 北村宏司
5 ベルーフ 18.6 浜中俊
6 レッドソロモン 58.3 武豊
7 スティーグリッツ 11.2 内田博幸
8 ミュゼエイリアン 26.1 横山典弘
9 アルバートドック 33.2 藤岡康太
10 ブライトエンブレム 14.8 田辺裕信
11 リアルスティール 3.9 福永祐一
12 ワンダーアツレッタ 21.2 M.デムーロ
13 マサハヤドリーム 64.2 和田竜二
14 マッサビエル 29.1 戸崎圭太
15 ジュンツバサ 28.7 石橋脩
16 タガノエスプレッソ 185.4 菱田裕二
17 リアファル 3.6 C.ルメール
18 スピリッツミノル 102.7 酒井学

展開・血統予想

展開の主軸となるのはリアファルです。リアファルの位置取りによって展開が大きく変わります。

-----sponsored link-----

神戸新聞杯2015(リアファル4枠6番)

ゲートから1コーナーまで見てくれれば解るように、ルメール騎手はゲートから手綱を抑えています。
馬が勝手に行ってしまうタイプです。

そうなると距離延長は心配ですが、ハナに立った後はスローに落として脚を溜める事が出来ています。血統的にも3000Mは大丈夫です。

京都の外回りの乗り方を知らないルメール騎手は不安要素になりますが、ここ2走と同じ競馬が出来れば乗り間違いようが無いので、この馬は来られても文句言えません。

ただ手綱を押して位置取りを取りに行くタイプでは無い以上、他の馬との兼ね合いが重要となります。
特に隣に入ったスピリッツミノルは押して出て行くタイプなので、この馬がハナに行く可能性が十分あるでしょう。

他にもワンダーアツレッタが押して出て行くタイプです。
ミュゼエイリアンが行く可能性もあります。

リアファルは縦長になれば2番手3番手でも折り合えると思いますが、そうなるとルメール騎手が仕掛けをヘグる可能性が出てくるでしょう。
それに期待して思い切って無印にしてみます。

本命はセントライト記念の前に書いた通り、ミュゼエイリアンです。
スクリーンヒーロー産駒は3歳秋に急成長する馬が多く、春とは別馬になっているはず。母父はエルコンドルパサーですが、エルコン産駒のソングオブウインドは超高速の菊花賞を制したわけですから、血統派ならこの馬を本命にするのが当然だと言えます。

ただセントライトの2着が余計でしたし、横典騎手なので戦術が予測不能です。
そこが心配で、やはりここはマイルールである「横典騎手は対抗評価でボックスの1頭まで」にして別の本命馬を探してみました。

結論はタンタアレグリアです。この馬の過去のレースの敗因は全て加速力だと思います。
青葉賞2015(2枠3番)

手応えが良かったので追い出しを残り350Mまで我慢したのですが、そこから加速せずに後続に抜かれてしまいました。はっきり言って蛯名騎手の騎乗ミスです。

ダービーはリアルステールに寄られて加速できず、セントライトは加速力勝負だったので展開が向かずと力を出し切っていません。
蛯名騎手なら京都外回りの最適の仕掛けタイミングである「坂を下り終える直前で加速をつけて4コーナーを回る」事が出来るはず。そうすれば過去最高のパフォーマンスが出せるでしょう

血統的には3000MはOKですが高速馬場においてやや疑問符が残ります。
ただ母親が南米の馬なので、そこに期待します。

他の有力馬も見てみましょう。

リアルステールは菊花賞を見据えて神戸新聞杯は前目に位置取ったのだと思いますが、結果的には2着に敗れました。
福永騎手は京都の外回りで乗ると4コーナーまで動かない騎手です。
下り坂の途中で動く騎手よりかは全然信用出来ますが、仕掛けが遅すぎて負ける事がよくあります。
内枠に入ると最内突破を狙って4コーナーで加速を付けずに回ってくる事もよくあるため、スローの上がり比べだと厳しいです。そういう意味でこの枠は良かったと思います。

リアファルを意識すると今回も前目で競馬をするはずですが、前に馬を置かずに競馬をした事が無い馬なのでそこがどう出るでしょうか。
ただ、レース中に骨折していたダービー以外はずっとハイパフォーマンスを出している事からも、この馬は普通に押さえます。

サトノラーゼンについては、折り合いが問題です。
セントライト記念2015(4枠6番)

春よりかはマシになっていますが、距離延長は良くないと思います。
それと休み明けとは言え、同じく休み明けの馬に先着を許しています。進路を確保するのに少し手間どったためにその分のロスは考慮しても、人気と実力が見合ってないです。

枠は良いところを引いたので3連複のヒモには買いますが、出来れば飛んで欲しいと願っております。

キタサンブラックは母父サウラバクシンオーなので、流石に買えません。
セントライト記念では本命に押したベルーフ、ブライトエンブレムも京都外回りに変わるのは大幅マイナスなので無印です。

穴馬は血統的にマサハヤドリームを推す予定でしたが、この枠で和田騎手なら仕掛けのタイミングをミスる事が濃厚なので、3連複で少し押さえるだけです。

そもそもミュゼエイリアンは現在10番人気で十分な穴なわけですから、そちらをガッツリ買うべきでしょう。

ミュゼエイリアンとタンタアレグリアの2頭はタイプが少し違うので馬券の買い方が難しいです。リアファルを無謀にも切って、少し手広く買うことにします。

-----sponsored link-----

競馬予想記事

競馬のレース動画や敗因振り返り記事

パチスロ記事

種牡馬血統講座

他の競馬ブロガー様の予想もどうぞ

にほんブログ村トラコミュ
菊花賞2015

JRA競馬予想

-----sponsored link-----