競馬

第35回 ジャパンカップ(GI)の予想をお送りします。

今回のジャパンカップ予想は特別編成で外国馬の血統&レース動画解説付きです。

と言うのも10年ぶりにJCで外国馬を買おうと思います。

出走馬枠順・単勝予想オッズ

 

馬番 馬名 単勝予想 騎手
1 ラブリーデイ 3.0 川田将雅
2 トリップトゥパリス 45.6 T.ベリー
3 ワンアンドオンリー 68.6 内田博幸
4 ジャングルクルーズ 98.6 北村宏司
5 ペルーサ 51.2 C.ルメール
6 ラストインパクト 26.8 R.ムーア
7 ショウナンバッハ 85.9 戸崎圭太
8 イラプト 10.8 パスキエ
9 ダービーフィズ 116.2 田辺裕信
10 サウンズオブアース 9.6 M.デムーロ
11 ミッキークイーン 5.2 浜中俊
12 ゴールドシップ 6.8 横山典弘
13 ヒットザターゲット 35.8 小牧太
14 イトウ 53.6 ミナリク
15 ショウナンパンドラ 11.6 池添謙一
16 カレンミロティック 68.6 蛯名正義
17 アドマイヤデウス 32.2 岩田康誠
18 ナイトフラワー 42.9 シュタルケ

外国馬血統解説

JRAがついに本気を出したのか、
今年は血統を見ただけでバッサリ切れる外国馬が一頭も居ません。

-----sponsored link-----

そこで外国馬全4頭の血統・レース動画などを紹介します。

 

イラプト血統

父方 Dubai Millennium Seeking the Gold
Dubawi Colorado Dancer
Zomaradah Deploy
Jawaher
母方 Caerleon Nijinsky
Mare Nostrum Foreseer
Salvora Spectacular Bid
Grand Luxe

お父さんのDubawiですが、
産駒の日本での芝適性があるものの
JRAでの勝ち鞍は全て1200Mです。

シーキングザゴールドの系統ですが
そのシーキングザゴールド産駒も日本では短距離馬しか居ません。

戦歴から2400Mは大丈夫なのでしょうが、中距離の切れる脚というのは無いと思います。

勝ったパリ大賞典も追い出してからの反応がイマイチでした。
パリ大賞典2015(白い帽子)

凱旋門賞も先行して雪崩れ込んだだけで、日本で通用するだけの加速力が無いと予想します。

ゴールドシップみたいに自分で流れを作れるなら問題無いのですが、向こうではラビットに任せる事なのでこの馬がペースを作ることは無いでしょう。

母父カーリアンはブエナビスタがJCを制したので評価出来ますが、今年は他にいい外国馬が居ますのであえて無印にします。

 

トリップトゥパリス血統

父方 デインヒル Danzig
Champs Elysees Razyana
Hasili Kahyasi
Kerali
母方 ファンタスティックライト Rahy
La Grande Zoa Jood
Majestic Sister ラストタイクーン
Royal Sister

お父さんがデインヒルの系統で、
母父ファンタスティックライト、
母母父ラストタイクーン
と血統だけなら近年のJCに来た馬の中で最高評価となります。

お父さんのChamps Elyseesというのは聞き慣れない名前ですが、イギリス産なのに北米の芝で活躍した馬です。

産駒のデータは少ないためよく解らないのですが、全兄弟にダンシリが居ます。

ダンシリ産駒の最大の特徴は晩成である事です。

3歳秋に凱旋門賞でディープインパクトを負かしたレイルリンクはまだ成長が早い方で、
古馬になってから活躍する馬が目立ちます。

日本に輸入されたハービンジャーもダンシリ産駒です。
ハービンジャー産駒もまだ古馬になって無いので、これから結果を残す可能性は十分あります。

この馬も晩成だと仮定すれば
古馬になって芝2400Mを使ったのは一回しかありません。

Caulfield Cup2015(赤い帽子・黒い勝負服)

内から馬群を抜ける加速力は十分合格点だと思います。

メルボルンカップではイマイチでしたが、落鉄の影響があったそうです。

両方のレースともフェイムゲームやホッコーブレーヴに完勝している事からも実力的には問題ありません。

 

鞍上のベリー騎手は
短期免許で先に来日して東京競馬場を学習しています。

ダンロップ調教師も
スノーフェアリーやレッドカドー、ウィジャボードなど近年の日本の芝中距離以上で結果を残しています。

「ヨーロッパのスタミナ長距離馬」
というイメージから2桁人気ですが、当然買いです。

イトウ血統

父方 In the Wings Sadler’s Wells
Adlerflug ハイホーク
Aiyana ラストタイクーン
Alya
母方 タイガーヒル デインヒル
Iota The Filly
Iora Konigsstuhl
Incitation

ここ3戦を見る限り
JCに来る馬としては珍しい逃げタイプの馬です。

バイエルン大賞2015

騎手がゲートから出して行く逃げ馬ではなく、馬が勝手に走っています。

ハナを切っても落ち着くのではなく、後ろを引き離すタイプです。

血統的にはサドラーズウェルズ系なので日本の芝適性には疑問があります。

ただ、母父デインヒルで父方にはラストタイクーンの血も入っているのでそこに期待です。

イラプト同様に加速力の無さがネックですが、この馬は縦長で逃げて加速力不要の状況に持っていけるだけに、イラプトよりこの馬の方が期待値が高いと思います。

ナイトフラワー血統

父方 デインヒル Danzig
ディラントーマス Razyana
Lagrion Diesis
Wrap It Up
母方 パントレセレブル Nureyev
Night of Magic Peinture Bleue
Night Teeny プラティニ
Nightrockette

オイロパ賞ではイトーに先着しています。

オイロパ賞2015(ナイトフラワー:後ろの白い帽子、イトー:前の黒い帽子)

 

加速力がいい馬でJC向きの走りです。

血統的にはデインヒルの系統で悪くは無いと思いますが、ディラントーマス産駒はJRA未勝利です。

ディラントーマスも活躍したのは古馬になってからなので判断が難しい所ですが、母方の血統は日本だと重すぎます。

あと大外枠を引いてしまいました。

先行出来ればいいのですが、
最近のJCは後ろから大外ブン回しだと厳しいです。

3連複のヒモまでの評価となります。

展開・血統予想

日本馬の中には前に行きたい馬が居ません。

そのためイトーがハナを切る可能性が高いです。

イトーが逃げた場合、どういうラップを踏むのかは想像も付きませんが、もし仮に離して逃げた場合ラブリーデイは危ないと思います。

 

ラブリーデイはキングカメハメハ×ダンスインザダークという真逆の適正を持つ血統配合ですが、戦歴を見る限りはキングカメハメハ産駒の傾向通りです。

そのためロングスパートレースは弱いので、イトーから離される競馬で早仕掛けの流れになると厳しいはず。

でもこちらの願望通りの流れにはなかなかなってくれないので、3連複のヒモには抑えます。

一方ミッキークイーンは色々な流れで好走しています。

古馬と初対戦ですが、秋華賞で
厳しい流れで上がりもまとめる
というレースを経験しているので問題ないはず。

能力的にも上位なので
この馬は積極的に買いです。

ゴールドシップは意外に人気となっています。
東京競馬場は共同通信杯で内先行して上がりを33秒台前半でまとめた事もありますが、古馬になってからそんな器用なレースをした事がありません。

ステイゴールド産駒の傾向通り東京だとトップスピードが足らないという評価です。

この人気なら無印でいいでしょう。

サウンズオブアースは騎手がちゃんと乗ったレースの方が少なく、見た目の戦績よりも強い馬です。

今日の午前中のレースを見る限り、デムーロ騎手が得意な外伸び馬場になりつつあるのもプラスでしょう。

血統的に東京競馬場で前走のような上がり勝負だと厳しいはずですが、自分はトリップトゥパリスなど外国馬を買うのでこの馬も積極的に買います。

秋天のレース回顧で「別の競馬場を使えば次は買う」と明言していたラストインパクトはJCを使ってきました。

前走はレースをしておらず、
前々走も騎手が乗りへぐっています。

そういう意味では狙い目ですが、
いくらムーア騎手でも人気になり過ぎでしょう。

展開が向いた阪神大賞典や春天を見る限り
「G1では掲示板まで」
という評価です。

来ても3着までだと予想します。

ショウナンパンドラはパフォーマンスが安定していますので、今回も掲示板争いには加わりそうです。

ラストインパクトとショウナンパンドラの2頭については
「3連複や3連単のヒモで買いたい人はどうぞ」
という評価にします。

日本馬で他に買えそうな馬は居ないので
ミッキークイーン
トリップトゥパリス
サウンズオブアース
の馬連・ワイドボックスから

3連複に
ラブリーデイ
イトー
ナイトフラワー
あたりを絡めて買おうと思います。

-----sponsored link-----

競馬予想記事

競馬のレース動画や敗因振り返り記事

パチスロ記事

種牡馬血統講座

他の競馬ブロガー様の予想もどうぞ

にほんブログ村トラコミュ
ジャパンカップ(2015)

JRA競馬予想

-----sponsored link-----