天皇賞春2017レース動画

敗因振り返り

ゴールドアクターは最後の直線でアルバートに蓋をされて、前が開かないまま終了。

-----sponsored link-----

それは仕方ないにしても位置取りが中途半端でした。

馬場は内しか来れないような状態だったので、もう少し内にこだわって欲しかったです。

わざと出遅れるのは別に構わないですが、デムーロ騎手みたいに後方ポツンで思い切った騎乗をしてくれないと観戦料を払った意味がありません。

横典騎手のレース後コメントも出てきました。

といった感じで不完全燃焼でしたが、人気ブログランキングに書いていた予想の一言コメントを読んで頂いた方は馬券を取れたと思います。

キタサン=シュバルの馬連が10倍も付いていて、ドカンと買おうと考えていましたが、パドックではシュヴァルグランが少しちゃかついていてマイナス体重だったので、自重しました。

ペースはレコードが出たように、それなりに厳しい流れでした。

「距離損なく走れたかどうか」が勝負の鍵だったと思います。

シュヴァルグランは予想通りキタサンブラックの後ろを取りに行きましたが、欲しかったポジションをシャケトラに取られてしまいます。

最終的にはキタサンブラックの真後ろをアドマイヤデウスが取る形となりました。

シュヴァルグランはインベタで走れなかったのが痛かったと思います。

昨年よりは着順を上げていますが、着差は一緒です。

サトノダイヤモンドは中団につけて、ベストな競馬をしましたが、外枠の距離ロス分だけ負けました。

枠が内なら当然勝っていたでしょう。

次何処を使うか解らないですが、普通に勝つと思います。

シャケトラは果敢にポジションを取ってインベタを走れていました。

最初に折り合いを少し欠いて、4コーナーでは外に出す距離ロスもありましたが、着差的には力負けといった感じです。

アルバートは思ったより前で競馬して、サトノダイヤモンドの後ろを取りました。

外々回した分だけ負けましたが、もしペースが緩んでいれば絶好のポジションだったので、2着・3着争いに絡んでいたと思います。

結局の所、武豊騎手の意向が強く反映された枠順で決まったと言えるレースです。

先週武豊騎手のエアスピネルにぶつけないようにわざとフィエロを追わかった、福永騎手だけは恩赦でいい枠を貰えたわけで、全ては先週から仕組まれていたのだと思います(おっと、玄関に誰か来た・・・)。

-----sponsored link-----

青葉賞振り返り

予想は完璧だったのですが、ド安目(´・ω・`)。

タガノアシュラが引っ張って、後続が付いていったので後ろで折り合った馬が恵まれました。

とは言え、アドミラブルは思った以上に強かったです。

コーナーで捲くってそのまま押し切りました。

捲くったのはペースが緩んだ区間でも無いですし、最後の1Fも失速していません。

かなりの能力と見ていいでしょう。

問題はダービーのペースに合うかどうかで、音無厩舎の馬は上がりの切れ味比べだと見劣るのですが、アザレア賞はドスローで33.5秒を出しています。

近年のダービーは後ろから外を回す馬は来れない馬場ですが、あの捲りがダービーを意識したものと考えれば押さえは必要です。

本命のベストアプローチはアドミラブルが掃除した後ろからハイエナして2着。

脚色的には勝っていましたが、デムーロが寄せてきてブレーキをかけてしまいました。

加速力がない馬なので、そこから再加速出来ずに突き放されて勝負アリです。

最後の直線で内にささらず真っ直ぐ走っていれば勝ち負けでしたが、あくまで恵まれた形なのでダービーでアドミラブルを逆転出来る可能性は低いと思います。

お知らせ
DMMの電子書籍が5月9日まで50%ポイント還元セール中です。

気が付かなかったのですが、メタボ教授の本も対象となっています。

競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

ポイントは他の電子書籍だけではなく、DMMのゲームやけしからん方でも使えるそうです。

まだご購入されてない方は是非この機会によろしくお願い申し上げますm( _  _ )m。

あと、今月も沢山の方にご購入頂いたのですが、最近書籍の質疑応答コーナーへの質問を頂戴しておりません。

解らない事や聞いてみたい事がありましたら、ご遠慮無く専用の問い合わせ窓口より質問頂ければと思いますm( _  _ )m。

レース結果・払い戻し

春天結果

春天払い戻し
結果・払い戻しにつきましては念の為JRAのHPもご確認下さい。

重賞予想記事一覧

レース結果や敗因振り返り記事

パチスロ記事

種牡馬血統講座

ブログランキングサイト

人気ブログランキング

競馬ブロガー

-----sponsored link-----