競馬
第153回天皇賞・春(G1)の予想をお送りします。

出走馬枠順・単勝予想オッズ

馬番 馬名 単勝予想 騎手
1 キタサンブラック 4.8 武豊
2 トゥインクル 18.6 勝浦正樹
3 カレンミロティック 78.2 池添謙一
4 トーセンレーヴ 105.6 武幸四郎
5 フェイムゲーム 9.1 H.ボウマン
6 アドマイヤデウス 27.6 岩田康誠
7 ファタモルガーナ 116.1 内田博幸
8 シュヴァルグラン 7.2 福永祐一
9 トーホウジャッカル 18.6 酒井学
10 アルバート 13.5 C.ルメール
11 タンタアレグリア 31.7 蛯名正義
12 ヤマニンボワラクテ 152.4 丸山元気
13 マイネルメダリスト 203.5 柴田大知
14 サトノノブレス 38.6 和田竜二
15 サウンズオブアース 8.9 藤岡佑介
16 ファントムライト 108.3 三浦皇成
17 ゴールドアクター 3.8 吉田隼人
18 レーヴミストラル 26.7 川田将雅

展開・血統予想

今週は雨が降り、今日は馬場が乾いていく中での競馬でした。

時計は先週より速い印象です。

月曜と火曜日に入念に芝を刈ったからかもしれません。

馬場は内が良さそうな感じがしますが、
明日はどうなるでしょうか。

-----sponsored link-----

いちおう内伸び高速馬場と想定して予想します。

それならキタサンブラックですが、前回の内容を評価してないので押さえまでです。

大阪杯(6枠7番)

菊花賞は内ピッタリ回って差してきた競馬でした。

血統的に距離は短いので
逃げると厳しいと思います。

それゆえ春天を見据えた場合、
大阪杯は脚を溜める競馬をする必要がありました。

武豊騎手はそれを解っているので
ゲート後に手綱を引いてブレーキをかけています。

それでもハナに行ってしまいました。

ラッキーな事に今回は内枠が引けたので、菊と同じ競馬が出来るかもしれません。

ただ、いかんせん恵まれた競馬が
ずっと続いているので本命は打てません。

一方、メタボ教授が買おうと思っていた馬は外枠に行ってしまいます。

まずはゴールドアクターです。

スクリーンヒーロー産駒の解説でも語ったように、成長後は負けるまで買い続けると決めています。

外枠はマイナスだと思いますが、ここも当然買いです。

次にシュヴァルグランです。

前回の阪神大賞典は
相手が弱かったですし、
春天に向けた競馬は出来ていません。

この馬はロングスパートタイプなので、
京都の外回りに変わるのはマイナスです。

ただ、京都の外回りで信頼出来る
福永騎手を確保出来たのは
いいと思います。

福永騎手はこの馬に乗って
京都の外回りで
こういう競馬をした事があります。
1000万クラス(7枠7番)

流石にここまで上手くはいかないでしょうが、
明日もこういう競馬を狙って来るはずです。

あとはトーホウジャッカルです。

近3走は「コーナリングが下手」という理由で無印にしましたが、今回は京都外回りに変わります。

ただ問題は馬体重が絞れているかどうかです。

前走は叩き台として使ったにも関わらず
デムーロ騎手は最後までレースをしていません。

4コーナーで早々に諦めてしまっています。

今回の調教も「ハミが切れた」かなんかでビッシリ追えませんでした。

そのため調教後の馬体重は阪神大賞典と変わりません。

個人的に調教はあまり気にしませんが、
流石にこれは気がかりです。

お父さんのスペシャルウィークは秋の天皇賞でマイナス16Kという馬体重で勝ちました。

あの時は追いきり以外にも前日に強い調教をしました。

そういう調教が出来ていれば
本命にしたいですが、
現状は押さえまでです。

あとトーセンレーヴも押さえます。

前走は道悪、有馬記念はスタートで挟まれる不利がありました。

マイル~2000で活躍した馬ですが、
昔と違って折り合いが良いので
距離延長も大丈夫です。

血統を見てもお兄さんに菊花賞であわやディープインパクトを負かしそうになったアドマイヤジャパンが居ます。

初の3200Mですが、可能性はあるはずです。

それと武幸四郎騎手は
京都の外回りだとソコソコ上手いのと
内枠を引いたという理由もあります。

他の人気馬を見ると
フェイムゲームは手が回りませんでした。

昨年2着の馬ですが、
北村騎手の好騎乗が大きいと思います。

何気に北村騎手は
京都の外回りが上手いです。

今回はボウマン騎手なので見送ります。

サウンドオブアースもサトノノブレスも騎手を理由に無印です。

アルバートは脚質が京都外回り向きじゃ無いので買いません。

レーヴミストラルはキンカメ産駒なので距離が持たないと予想して無印です。
 
買い目
馬連
ゴールドアクターとシュヴァルグランの1点

3連複
ゴールドアクターとシュヴァルグランの2頭軸
相手
キタサンブラック、トーホウジャッカル、トーセンレーヴ

3連単フォーメーション
1着ゴールドアクター、シュヴァルグラン
2着キタサンブラック、トーホウジャッカル、トーセンレーヴ
3着キタサンブラック、トーホウジャッカル、トーセンレーヴ

馬連1点、3連複3点に絞って、
どちらかが飛んだ用に3連単も少し買うといった感じです。

正直5頭ボックスで買っても、
外す気しかしないので
傷を浅くする買い方となります。

-----sponsored link-----

重賞予想記事一覧

レース結果や敗因振り返り記事

パチスロ記事

種牡馬血統講座

他の競馬ブロガー様の予想もどうぞ

にほんブログ村トラコミュ
天皇賞・春(2016)

JRA競馬予想

-----sponsored link-----