第68回 阪神ジュベナイルフィリーズを予想記事です。

出走馬枠順・単勝予想オッズ

馬番 馬名 単勝予想 騎手
1 ディーパワンサ 11.5 A.シュタルケ
2 ソウルスターリング 3.1 C.ルメール
3 エムオービーナス 185.4 木幡初也
4 レーヌミノル 7.4 蛯名正義
5 ポンポン 135.6 嘉藤貴行
6 ショーウェイ 75.4 松若風馬
7 ブラックオニキス 95.2 城戸義政
8 サトノアリシア 56.2 池添謙一
9 ジャストザマリン 41.1 四位洋文
10 クインズサリナ 123.2 V.シュミノー
11 ジューヌエコール 8.7 M.バルザローナ
12 アリンナ 38.4 田辺裕信
13 ゴールドケープ 92.4 丸山元気
14 スズカゼ 184.6 松田大作
15 フェルトベルク 211.9 川島信二
16 シグルーン 69.4 藤岡康太
17 ヴゼットジョリー 16.8 和田竜二
18 リスグラシュー 2.9 戸崎圭太

他券種の最新オッズ

展開・血統予想

雨が降ったのか今日は稍重でした。

明日どうなるか正直不安ですが、いちおう良馬場で例年のように内外差ナシと想定して予想します。

展開については「かっ飛ばす逃げ馬」が揃いました。

-----sponsored link-----

おそらくショーウェイかアリンナが行くと思いますが、レーヌミノルも抑えがきかない馬です。
流石に厳しい流れになると思います。

 

本命は10番人気のシルグーンにしました。

前走の敗因は関東輸送のマイナス8KGと折り合いを欠いたのとトップスピード比べだった事です。

アルテミスステークス(3枠6番)

この日は最内が伸びなかったのでデムーロ騎手は外に出そうとしましたが、内田騎手に通せんぼされます。

最後は強引に外へと出しましたが、時既に遅く、差し馬に飲み込まれました。

血統的にはダンチヒ・ミスプロ・ステイゴールドといった血を持っているのでハイペースのマイルならパフォーマンスを上げるはずです。

着差的にはリスグラシューに完敗でしたが、オッズを考えてこちらを本命としました。

対抗はそのリスグラシューとします。

前走(上記動画8枠16番)は外で折り合って33秒台の末脚を使い完勝と言えます。

明日も同じ事をすればいいだけです。

ペースは速くなるので、位置取りはもう少し後ろからとなると思いますが、自分のペースで走れれば少々流れがキツくてもハーツクライ産駒なのでそれなりの脚を使えると思います。

ただ、調教後馬体重を見ると
かなり増えているのが気になりました。

前走パドックを見た時に細い印象だったので、多少のプラス体重はむしろいいと思いますがどうなるでしょう。

そこが気になったので対抗評価としました。

3番手もアルテミスステークス組のサトノアリシアにしました。

アルテミスステークス(上記動画7枠15番)の敗因は折り合いを欠いた事です。

ここまで1800で先行していた馬でしたが、無理矢理ブレーキをかけて後方に持っていきます。

+12KGという馬体重もアレでしたし、完全な調教代わりのレースだったのでノーカウントでいいでしょう。

今回は折り合いやすいペースになるはずなので、パフォーマンスを上げると思います。

 

4番手はヴゼットジョリーにしました。

新潟2歳の内容を評価してのものです。

ただし調教後馬体重が大幅に減っています。

しっかり調教をやってのマイナスですから調教師の計算通りのはずですが、あまり経験が無い調教師ですからやらかした可能性も十分あります。

そのため4番手に落としました。

 

最後はレーヌミノルです。

この馬は能力こそ高いですが、やはり1200Mの馬だと思います。

ただ、阪神JFまでなら誤魔化しも効きます。

先行馬のシルグーンが本命である以上、先行する馬も1頭は買いたかったのでこの馬にしました。

ディーパワンサは印が回りませんが押さえてもいいと思います。

前走はエンジンがかかったところがゴールだったので、脚を余しました。

デイリー2歳S(7枠7番)

阪神外回りに変わるのはプラスだと思います。

内枠は新馬戦でこなしていますし、操作性がいい馬なのでシュタルケ騎手でもなんとかなるでしょう。

 

ジューヌエコールも印が回りませんでした。

前走は福永騎手が完璧に乗った結果です。

今回乗り替わりはマイナスだと思います。

血統的にはルミナスウイングと同配合です。

ダートの短距離馬で制御が難しい暴れ馬でした。

実力的には足りていると思いますが、ちょっと買いづらいです。

 

人気のソウルスターリングは流石に買えませんでした。

マイルの速い流れは経験が無いですし、フランケル×モンスーンというゴリゴリのヨーロッパ血統を良馬場の阪神マイルで買うことは出来ません。

こんなレース使わずに来年の凱旋門賞を目指してホープフルでも使うべきです。

それと初の遠征です。

藤沢厩舎はこのレースを初遠征のスティンガーで勝っていますが、あのレースはハイペース製造機エイシンルーデンスがぶっ飛ばして、後ろを走っていた馬が上位独占したレースです。

位置取りが問われた競馬で恵まれたと言えます。

2歳戦なので能力の違いで来るかもしれませんが、僕は買えないので来たらゴメンナサイです。

-----sponsored link-----

予想の印

◎シグルーン
◯リスグラシュー
▲サトノアリシア
△ヴゼットジョリー
☓レーヌミノル

重賞予想記事一覧

レース結果や敗因振り返り記事

パチスロ記事

種牡馬血統講座

他の競馬ブロガー様の予想もどうぞ

人気ブログランキング

JRA競馬予想

-----sponsored link-----