朝日杯フューチュリティステークス2014レース動画

着順結果・払い戻し金・ラップタイム・通過順位

勝敗の分かれ目

馬場に関しては想定とは少し違っていて外が若干有利だったと騎手が判断したのか、2つ前のレースでは先行馬が内を開けて走ってました。
ただ時計がかかる馬場でスタミナは問われますからインを走って距離損を最低限に押さえた差し馬にも十分チャンスがありました。逃げ馬のアクティブミノルも5着に残ったことから必ずしも外が有利だったとは思えません。
そのためアッシュゴールドやブライトエンブレム、タガノエスプレッソあたりは巻き返す可能性はあるように思います。

馬券の反省

-----sponsored link-----

メタボ教授本命のコスモナインボールは騎手が出して行きましたがタガノアザガルにポジションを取られてしまいました。タガノに蓋をされてなおかつ四位騎手が無理矢理押さえてポジションが後ろになってしまいゲームオーバー。ツイてなかったですね。

もう一つツイて無かったのはダノンプラチナが来た事です。
内容的には完勝だったと思います。ディープインパクト産駒は濡れた路面は大丈夫ですが上がりが35以上かかる馬場になると相対的にパフォーマンスを落とすので評価を落としました。
能力の差で来たと見ています。クラシックに向けては母父ミスプロなのが若干気がかりですが、有力馬の一頭である事は間違いないでしょう。
アルマワイオリについては上がりのかかる決着を見越しての買いだったので、良馬場のクラシックでは出番が無いと思います。クラリティスカイも血統的には春のクラシックで本命を打つことは無いです。
そういう意味でもアッシュゴールドやブライトエンブレム、タガノエスプレッソあたりに来春巻き返しの余地があると思っています。

馬券の方はダノンプラチナさえいなければパーフェクト的中だったので悔しいです。
こういう時に一撃決めておかないと余裕でマイナス収支に転落します。

ただ残す所今年もあと1週なので年内はちゃんとした数字で終われそうです。
総投資99400円、回収125890円

競馬予想記事

競馬のレース動画や敗因振り返り記事

パチスロ人気記事

-----sponsored link-----