2017年3月18日に行われますファルコンステークスの予想記事です。

展開・血統予想

難解な一戦です。

ファルコンステークスは1400Mとなって以降、スタミナが問われるレースが多く、最後みんなが止まる中で差してくるような馬を狙いたいと思います。

本命は迷いましたがナイトバレットにしました。

差し馬でしぶとい脚を使えそうな馬がナイトバレットしか居ません。

-----sponsored link-----

前走は最後尾に下げて外に出す大味な競馬で勝ちました
ジュニアカップ2017(1枠2番)

前々走のひいらぎ賞は馬群を捌いている間に外から勝ち馬に突き離されての3着だったので、このジュニアカップでは外ぶん回しの競馬を試したのだと思われます。

馬群突破を苦にする馬では無いと思いますが、前走との比較で言えば外枠替わりはプラスです。

ただ不安点としてペース対応があります。

1400Mのレースも勝っていますが、相当緩いので参考になりません。

また、このレースでナイトバレットは大きく出遅れています。

そこが心配ですが、他に本命に出来る馬も居ないので消去法的に選びました。

対抗はライズスクリューにします。

この馬の前走は16番人気とう低評価ながらも強い競馬でした。
春菜賞(1枠2番)

このレースまでは1800Mを先行してバテる競馬を繰り返していて、距離短縮で脚を溜める競馬をしたらガラリ一変した感じです。

5走前では脚を溜める競馬をしていますが、4コーナーでマナー悪く下がってきたミルコの馬を避けていたら集団から置かれて諦めたように見えます。

そのため中央移籍以降力を出し切ったのが前走だけです。

ただ、血統的にトーセンホマレボシ(ディープ×ノーザンテースト)×フレンチディプティなので、前走のような緩い競馬の方がいいかもしれません。

気性が荒い馬なので、輸送も鍵になるはずですが、人気は無いので推奨しておきます。

3番手はマイネルバールマンにしました。

この馬は先行してシブトイ脚で粘り込むタイプです。

前走は早め先頭に出ましたが、トップスピード負けしてしまいました。

今回はそんな競馬にはならないはずなので、持ち味を十分に発揮できるでしょう。

最初は本命にする予定でしたが、調教が少し良くないので、3番手まで落としました。

4番手はエントリーチケットです。

前走はアンバーミニーが引っかかって作ったハイペースに巻き込まれました。

中京競馬場でも1400Mでも実績があるので、チャンスアリと見ます。

ローテーションが中一週なのはもちろん不安ですが、人気が無いので気にしません。

5番手はジョーストリクトリにしました。

前走は脚を溜める競馬に徹した感じです。

今回は2走前勝った中京1400Mに戻りますが、前走のような脚を溜める競馬を期待します。

それ以外の強調点は無いのですが、買いたい馬が他にいませんでした。

-----sponsored link-----

無印の馬の解説もしておきます。

ボンセルヴィーソは朝日杯の予想で「デイリー杯では恵まれたが、今回も恵まれるだろう」という理由で高く評価しました。

今回は速い馬が他にも居るので、おそらく恵まれないです。

能力的には上位なので買ってもいいですが、オッズ的な旨味はありません。

コウソクストレートは前走引っかかったのが敗因で、ルメール騎手は最後諦めています。

そのため着差は気にしなくていいです。

ただ、結果的には最高の位置取りに居たわけですから、評価は難しいと思います。

何となく切ってみた感じなので、買いたい人はどうぞ。

予想の自信度と一言コメントを人気ブログランキングに書いてあります。

予想の印

◎ナイトバレット
◯ライズスクリュー
▲マイネルバールマン
△エントリーチケット
☓ジョーストリクトリ

重賞予想記事一覧

レース結果や敗因振り返り記事

パチスロ記事

種牡馬血統講座

他の競馬ブロガー様の予想もどうぞ

人気ブログランキング(中央競馬)

JRA競馬予想

-----sponsored link-----