前々日ですが、ダービーの予想を公開します。

おそらく馬場は例年通り、内有利の高速馬場なので、前日予想でも前々日予想でも内容は変わらないはずです。

明日土曜日は目黒記念の予想記事を書きますので、また覗きに来てやって下さい。

出走馬枠順・単勝予想オッズ

展開・血統予想

皐月賞は超高速馬場で前が止まらない展開でした。

-----sponsored link-----

4コーナーで突き放したファンディーナが坂の手前なのに止まったのは不思議でしたが、オークスもダービーも使えなかった所を見ると、やはり馬体のトラブルだったようです(`;ω;´)馬連取れてたのに。

レコード馬場で走破したので他の馬の反動も心配ですが、今年は青葉賞もプリンシパルSもレコードだったので、気にしないようにします。

近年のダービーは外差しが決まりにくくなっています。

それ故に内先行出来る馬から買うのがセオリーです。

ただし、後ろは33秒台の末脚を使ってきますので、先行馬でもそれなりの脚は求められます。

本命はアルアインにしました。

前走は4コーナーの勝負どころでファンディーナに寄られて、バランスを崩しながらも勝ちきった点を評価します。

前残りの流れに助けられた側面は確かにありますが、ダービーも同じようなレースになりやすいので、もう一回恵まれる可能性も十分あるでしょう。

血統的にはマイラーぽいですが、折り合いはいいですし、高速馬場の2400なら十分こなせると思います。

枠も良い所を引いたので、素直に本命でいいでしょう。

問題は松山騎手がどう乗るかです。

陣営は「脚を溜める」という発言をしています。

確かにそういう調教を積んでいますし、ディープ産駒なので切れる可能性もありますが、やはり前走と同じように強気に先行して欲しいです。

ちなみに、皐月賞ではゴール手前で松山騎手が右ムチ連打で左に大きく寄れてダンビュライトに迷惑をかけています。

ラチ沿いを走るか併せ馬になれば真っ直ぐ走る馬なのですが、松山騎手がそこまで考えて乗るとも思えませんので、運次第です。

そこに若干の不安点はありますが、他に本命にしたい馬も居ないので、アルアインにしました。

対抗はアドミラブルです。

大外枠がマイナスという評価も聞こえてきますが、大外をブン回す競馬で結果を残している馬なので、この枠は寧ろプラスです。

前走はかなり厳しい流れを、早め先頭で押し切りました。

最後はバタバタになってベストアプローチに差されそうでしたが、強い競馬だったと思います。

もし、この青葉賞が
「ダービーは後ろからでは届かないので、意図的に早仕掛けを試した」
のなら、ダービーも同じような競馬になるはず。

先週は「アドマイヤミヤビのデムーロ騎手が早仕掛けをする」と仮定して裏目となりましたが、この馬はアドマイヤミヤビと違って、反応がいい馬です。

それとアザレア賞は道中緩んだ時にポジションを上げて、4コーナー2番手から33秒台の脚を使って勝っています。

アザレア賞2017(3枠3番)

それ故、この馬は最後尾に構える必要がありません。

明日も出たなりで競馬をして、ドゥラメンテのように道中から中団に居る可能性が高いです。

といった感じで近年のダービーは内有利ではありますが、アドミラブルにとっては出たなりで競馬が出来るこの枠が絶好だと思います。

心配点はやはりデムーロ騎手とです。

脚を溜める競馬をすればおそろく何処にも居ません。

音無調教師は坂路主体の調教で、脚を溜めて切れるタイプの馬は少ないです。

前走のようにハイペースを早仕掛けするような競馬の方が合っています。

先週痛い思いをしたので対抗評価までです。

3番手はペルシアンナイトにしました。

前走は最内を付いてポジションを上げ、前が詰まる寸前でアルアインに体当りして、こじ開けた形です。

これ以上望めないロスの無い競馬ですが、アルアインを本命にする手前、この馬も買っておきます。

東京でソウルスターリングに負けた頃は真っ直ぐ走っていませんでしたが、近走は大丈夫そうです。

気性もよくなっているので、戸崎騎手への乗り替わりがそこまでマイナスだとは思えません。

血統的にも2400は全く問題無さそうですし、案外人気になってないので押さえます。

4番手はダイワキャグニーです。

セントポーリア賞の内容を評価しました。

緩んだレースとは言え、先行して速い上がりを出しています。

500万のレースながら、後に重賞で馬券になるような馬相手に完勝です。

弥生賞の予想では「カデナのコーナリングに飲み込まれる」という理由で無印にしましたが、実際その通りになりました。

その後、東京替わりのプリンシパルSでは相手が弱いとは言え圧勝です。

実力的には馬券圏内に入るチャンスはあると思います。

ただ、外枠を引いてしまいました。

出来れば内枠でいいポジションを取りたかったです。

中途半端に外中団で競馬をすればアドミラブルの早仕掛けの餌食になるでしょう。

オッズ的には美味しそうなので、もう少し高い評価にする予定でしたが、枠を見て4番手評価に下げました。

5番手はレイデオロです。

前走は「ソエの影響で弥生賞を回避したように順調ではなかった」ように思います。

レースも後ろから着拾いの競馬で調教代わりのように見えました。

ダービーでは大幅な上積みがあるはずですが、枠が外です。

この馬は馬群の中で立ち回れる馬なので、出来れば内枠が欲しかったと思います。

後ろから大外にブン回しても届かないのが近年のダービーなので、内に潜り込めるかどうかが鍵となるでしょう。

-----sponsored link-----

その他の馬も解説しておきます。

ダンビュライトは無印です。

アルアイン・ペルシアンナイトを買う以上、この馬も買うべきかもしれませんが、内枠を引いたからか結構人気になっています。

朝日杯と弥生賞は馬群の中で競馬をして低調なパフォーマンスでした。

前走は馬群の中に入れなかったから走った可能性もあります。

それが気になって「内枠でこの人気ならバッサリ無印でいい」と判断しました。

一方で、スワーヴリチャードの判断は難しいです。

皐月賞では内枠という理由で無印でしたが、以前よりスタートが良くなっていて驚きました。

四位騎手が無理矢理抑えなければもう少し着差は詰まっていたはずです。

東京に変わりますし、買ってもいいのですが、結構人気しそうなので印は回しませんでした。

とりあえず当てたい人は買った方がいいですが、僕は四位騎手のしくじりに期待して買いません。

サトノアーサーも無印です。

毎日杯はアルアインよりも強い競馬をしました。

しかし、同じような競馬をすればおそらく届きません。

ダービーのマカヒキのように「突然いいポジションに付けて勝つ」可能性もありますが、経験の薄さが心配です。

といいますのも、この馬は多頭数の競馬や輸送競馬が初めてとなります。

毎日杯から直行するのは事前に決まっていたので、変則ローテでも問題ないと思いますが、経験不足が露呈する可能性が高いので無印です。

あと能力的にはカデナまでが圏内でしょう。

前走は弥生賞同様「4コーナーからの立ち上がりがもたついた」のが敗因のように見えます。

弥生賞のようにコーナリング性能を活かして早く仕掛ける競馬が合っているのかもしれません。

直線が長いコースでの競馬も悪くは無いので、アドミラブルの後ろを付いていけば馬券圏内もあるはずです。

ただ頭では買いにくいので、3連単の3着押さえまでとなります。

ダービーの予想の自信度と一言コメントを人気ブログランキングに書いてあります。

予想の印

◎アルアイン
◯アドミラブル
▲ペルシアンナイト
△ダイワキャグニー
☓レイデオロ

メタボ教授の競馬本好評発売中です。

アマゾン
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[Kindle]

楽天
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法【電子書籍】[ メタボ教授 ]

DMM
競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

重賞予想記事一覧

レース結果や敗因振り返り記事

パチスロ記事

種牡馬血統講座

他の競馬ブロガー様の予想もどうぞ

人気ブログランキング(中央競馬)

JRA競馬予想

-----sponsored link-----