競馬

アルゼンチン共和国杯2015

展開・血統予想

逃げ馬は結構揃っていて、スズカディビィアス、メイショウカドマツ、ニューダイナスティと居ます。
どの馬も騎手がゲートから押して出して行くタイプです。
そういう場合は基本内枠にいる逃げ馬がハナを奪いやすいと考えています。

ただスズカディビィアスは騎手が乗り代わっています。
それにメイショウカドマツより確実に遅いです。

いちおう阪神大賞典ではこの2頭の逃げ争いでスズカディビィアスの方が先行していますが、
阪神大賞典2015(スズカディビィアス4枠4番・メイショウカドマツ8枠10番)

メイショウカドマツの鞍上が武豊騎手だったから行かなかっただけのように見えます。

-----sponsored link-----

蛯名騎手も無理やり行くようなタイプではありませんが、スズカディビィアスはかなり無理しないとハナには行けないと思います。

メイショウカドマツとニューダイナスティとが一緒に出たレースは目黒記念です。
目黒記念2015(メイショウカドマツ8枠17番、ニューダイナスティ5枠10番)

結局メイショウカドマツが1番速くて、スズカディビィアスやニューダイナスティが行こうとしてもかなり無理する必要があります。
そのため実質のペースメーカーはメイショウカドマツだと思って予想するとやはり厳し目の流れとなるはずです。

それとヒラボクディープが前回捲りの競馬をしていますし、フラガラッハも前回は無理やり前に行ったのでスローになる可能性は低いと思います。

という事で本命はレコンダイドです。
血統的に厳しい流れが向きますし、メイショウカドマツが逃げた目黒記念で2着の実績があります。

前回の京都大賞典はミルコが坂の下り方を完全に間違いましたのでノーカウントでOKです。
その前もバックストレートで動くのはいいですが、中途半端な所で止めてしまい外を走らされて距離損しただけの塩っぱい騎乗でした。

東京2500なら間違いようがないので、ミルコでも大丈夫だろうと思ったら騎乗停止でした。
替わりにヨシトミ先生ですか・・・。流石にそれならミルコの方がいいです。

そもそもサプルマインドがミルコが騎乗停止のためデイリー杯を回避したように、レコンダイドも捨てレースじゃないの?と勘ぐってしまいます。

ただミルコが乗れないという理由で人気が無いなら、他に美味しそうな馬も居ないので本命です。

対抗はゴールドアクターとなります。この馬はスクリーンヒーロー産駒らしく3歳秋に急成長しました。休みを挟みましたが、未だに底を見せていません。
メイショウカドマツが作るような流れは本格化以降未経験であるため対抗にしましたが、こういう馬は底を見せるまで買い続けた方がいいと思います。

あとはメイショウカドマツも東京競馬場では崩れてないので買います。

レコンダイドからゴールドアクターとメイショウカドマツの馬連ワイド2点で勝負しようと思いますが、3連複はもう少し広げてマイネルフロスト、プロモントーリオ、フラガラッハあたりも押さえようと思います。

みやこステークス2015

展開・血統予想

実力と京都適正を考えればローマンレジェンドで仕方ないのですが、今回の休み明けは間隔が長いです。
目標は当然JCD、東京大賞典なのは明確なので対抗評価くらいでいいと思います。

ローマンレジェンドで圧勝出来ないと仮定すると素直に前残りを狙いたいです。

ただ逃げの予想は難しいです。候補としてはモンドクラッセかエイシンモアオバーとなります。
モンドクラッセはゲートからのダッシュ力が非常に優秀で、騎手が出ムチを入れなくてもハナに立ってしまうタイプです。
内房S2015(4枠7番)

逃げなかった競馬は初ダートだった未勝利戦以来ありません。
その未勝利戦も道中に先頭に立って押し切っています。

一方エイシンモアオバーはゲートから無理やり出してハナを奪うタイプです。

エルムステークス2015(6枠8番)

ただ2番手からの競馬もやっています。
名古屋大賞典2015(4枠4番)

そのためハナはモンドクラッセ、2番手がエイシンモアオバーという可能性が高いですが、エイシンモアオバーは1600万からいきなりの重賞挑戦なので無理せず大事に行く可能性もあります。
エイシンモアオバーの小牧騎手も「共倒れ上等」でハナを奪いに行くかもしれません。

正直どちらがハナを切るか解りません。
ハナを切った方が残る可能性が高いので、両方ヒモで押さえるだけです。

そこで、このハナ争いを3番手で見る事になるであろうクリノスターオーを本命にしてみようと思います。

前走はジェベルムーサに捲られる厳しい競馬でしたが4着に粘っています。もちろんエイシンモアオバーに負けている点は評価出来ませんが、エイシンモアオバーが今回ハナを切れない場合は逆転するはずです。

クリノスターオーはみやこステークスだと2年前勝利で1年前は5着に敗れています。この馬は4コーナーからの加速力が無いので昨年のナムラビクターみたいに外から早めに被されると厳しいです。
今回ナムラビクターみたいな競馬が出来る馬はローマンレジェンドとダノンリバティだと思います。
ローマンレジェンドは内枠で状態も疑問符なので馬券圏内に来たとしてもそういう横綱競馬ではないと予想しました。ダノンリバティはこの相手だと4コーナーで先頭集団に取り付くのは無理だと判断して無印にしました。

という希望的観測の下、クリノスターオーを本命なのでそこまで自信はありませんが、他に買える馬はロアシャルダン・ソロルくらいでどちらもパッとしないため、消去法的に決めました。

-----sponsored link-----

競馬予想記事

競馬のレース動画や敗因振り返り記事

パチスロ記事

種牡馬血統講座

他の競馬ブロガー様の予想もどうぞ

-----sponsored link-----