テスト

有馬記念の枠順が発表されました。

1枠1番 キタサンブラック(牡4:武豊)
1枠2番 ゴールドアクター(牡5:吉田隼人)
2枠3番 ムスカテール(牡8:中谷雄太)
2枠4番 ヤマカツエース(牡4:池添謙一)
3枠5番 サムソンズプライド(牡6:横山典弘)
3枠6番 サウンズオブアース(牡5:Mデムーロ)
4枠7番 マルターズアポジー(牡4:武士沢友治)
4枠8番 ミッキークイーン(牝4:浜中俊)
5枠9番 ヒットザターゲット(牡8:田辺裕信)
5枠10番 アドマイヤデウス(牡5:岩田康誠)
6枠11番 サトノダイヤモンド(牡3:ルメール)
6枠12番 サトノノブレス(牡6:シュミノー)
7枠13番 デニムアンドルビー(牝6:バルザローナ)
7枠14番 シュヴァルグラン(牡4:福永祐一)
8枠15番 アルバート(牡5:戸崎圭太)
8枠16番 マリアライト(牝5:蛯名正義)

-----sponsored link-----

サトノダイヤモンドが6枠11番、キタサンブラックは1枠1番です。

予想記事は土曜日に更新します。

枠順を見ての感想は「正直買いたくないなあ・・・」というレースです。

上位の6~7頭はどの馬も無印に出来ず、一方で軸を選ぶのも難しいと思います。

 

レースのポイントはマルターズアポジーの逃げとなりそうです。

福島記念:2枠3番

前半は無理矢理抑えて、残り1000Mから普通に走ってゴールまでなだれ込んでいます。

おそらくキタサンブラックはマルターズアポジーにハナを譲ると思いますので、前半はスローで後半からロングスパートレースになるのではないでしょうか。

そういうレースは昨年の有馬記念や今年のJCが当てはまりますが、その上位組が顔を揃えているわけです。

お手上げ状態だと言えます。

サトノダイヤモンドも神戸新聞杯でロングスパートレースは経験していますし、無印に出来る馬が居ません。

本当の上がり勝負になるならデニムアンドルビーが面白そうですが、そうなりそうなメンバーではないので困っています。

これから各馬の分析をもう一回やって、また土曜日に予想をUPする予定です。

追記;有馬記念の予想・オッズ2016

競馬中級者・上級者向けに電子書籍を出しました。

-----sponsored link-----